なんで透明!? 海外で爆誕「クリアコーヒー」に思わず錯覚をおこす人続出!

いまSNSを中心に透明なコーヒー「クリアコーヒー」が話題です。しかも保存料・甘味料・合成された調味料・安定剤は一切含んでいません。今回は「クリアコーヒー」の誕生秘話や、気になる味を徹底調査。果たして色の概念を覆すコーヒーとは?

2020年4月13日 更新

ライター : motomoto

家で料理をつくったり、ふらふらと車でお出かけしたり、カルディでいいものをみつけたり……なにげない日々を過ごしています。 美容や健康にも興味あり! お役に立てるような情報をお届け…もっとみる

コーヒーなのに透明!? 驚愕ドリンク誕生

最近、コーラや紅茶など、飲み物の透明化が進んでいるのを皆さんはご存知ですか?そこで今回注目したのが、話題を集めている透明コーヒー「クリアコーヒー(Clear Coffee)」です。
みなさんの中でも日常的にコーヒーを飲んでる!という人も多いでしょう。食後の一杯どころか何杯でもいけちゃうって人もいるのでは?そのコーヒーが透明になってる!と、多くの人たちが注目しているのです。いま話題の透明コーヒー「クリアコーヒー」についてくわしくご紹介しますね。

透明コーヒーは全世界のSNSで話題に!

世界初、透明なコーヒーを製造したのは、ロンドンに住むナジ(Nagy)兄弟です。レシピは実にシンプルで、高品質のアラビカ産コーヒー豆を純水で浸出しただけと言います。また、このカフェイン飲料は、保存料・甘味料・化学調味料・安定剤が一切含まれていません。
コーヒーが好きでも歯の着色が気になって飲む量をセーブしている、という人もいるでしょう。そんな人たちも「なにこれ!世界初、歯が汚れる心配もなく飲めるんだって」とか「透明なのにコクのある深い味わいが楽しめるらしい」とつぶやくほどネット上でも話題です。

スロバキアで生まれた「クリアコーヒー」

2本 5.99ポンド(約820円)
スロバキアの企業「CLR CFF」が発表したは無色透明なコーヒー「クリアコーヒー」。毎日のコーヒーが欠かせない人でも、歯の着色は気になりますよね。そんな着色の悩みを解消しようと開発されたのが「クリアコーヒー」なのです。 このコーヒーを手掛けたナジ兄弟は、毎日大量のコーヒーを消費していたそう。ただ、以前から歯が汚れることに悩んでいたと言います。そこで2人で「CLR CFF」を立ち上げ、3カ月ほどでこの商品を完成させたとか。 見た目は、まさに水かと思うほど透き通っています。言われなければ誰もコーヒーなんて思わないかもしれませんね。何も知らずに飲んだらきっと驚くハズ。友人に「水だよ」って手渡して、リアクションを見るのも楽しめそうですよね。

気になる味は?

カフェイン量は100mlに対して50mgほど含まれてます。通常より苦味が少なめで、コクがあり見た目とのギャップがある新鮮な味わいです。「ジャワコーヒーの味がする」という口コミがあるくらいなので、おそらく香り高くて飲みやすいのでしょう。

化学物質不使用!

これまでの「コーヒーの色=茶・黒」の概念を覆す無色透明な「クリアコーヒー」。気になる作り方は、秘密なのだとか……。ただわかっているのは、化学物質は不使用で、物理的な方法で透明にされているということ。ビジュアルもオシャレで、持ち歩いて飲みたくなるような感じですよね。

海外では早速入手する人も!

日本では販売されていませんので、海外の人の口コミ情報になりますが、「どうして透明になるのか製法が気になるな~」や「味はスッキリとクリアだった」といった、つぶやきがアップされていました。
ほかにも「向こう側が透けて見えるほど透明で、本当にコーヒーなの?と疑ったけど、ちゃんとコーヒー味だった!」との口コミもありました。
さらに「見た目から味は想像できないけれど、濃い目だけどマイルドでクリアな味わい」「パンに合う」などの感想がSNSにアップされていました。日中でも、匂いや着色を気にすることなくコーヒーが飲めるのはうれしいですよね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS