ブランデー初心者に贈る♪大人の夜を楽しむ入門カクテルレシピ10選

「ブランデー」といえば高級酒の代名詞。ダンディーな男性がカウンターでグラスを傾けるシーンが目に浮かびます。少し敬遠しがちなイメージですが、ブランデーベースのカクテルならいかがですか?ブランデー初心者に飲んで欲しいカクテルレシピを紹介します。

2018年1月18日 更新

高級酒ブランデーをカクテルで

「ブランデー」と聞くと、年配の男性がブランデーグラスにストレートのブランデーを注ぎ、回しながら、少しずつ飲んでいる渋いシーンが頭に浮かんできませんか?そんなイメージから、ブランデー=高級酒のイメージを持っている方も多いかと思います。
そういった理由から、ブランデーをストレート以外で飲むイメージが無い方も多いかもしれませんが、実は、カクテルで割ると初心者でもブランデーを楽しむことができるんです。ここでは、そんなブランデー初心者の方の入門編になるようなカクテルのレシピを10個ご紹介します。

カクテルにおすすめのブランデーが知りたい

ブランデーはほかのお酒と比べると少し高価なお酒です。しかし、比較的安いものも販売されているので、初めてブランデーカクテルを作る人は安価なものを選ぶとよいでしょう。カクテルにおすすめのブランデーは、コニャックやカルヴァドス、キルシュヴァッサーです。コニャックは、フランスのコニャック地方で作られるブドウを原料にしたブランデー。
カルヴァドスは、フランスノルマンディー地方で作られ、リンゴを原料としています。カルヴァドスは、ケーキ作りにも利用されているんですよ。キルシュヴァッサーは、ドイツシュヴァルツヴァルト地方のブランデーで、サクランボを原料にしています。

これで簡単!ブランデーのカクテルレシピ10選

1.サイドカー

コニャック(otard)とホワイトキュラソー(D K KUYPER)に、レモンジュースを合わせたオリジナルの「サイドカー」です。強めのお酒ですが、気分がノッているときに飲むのがおすすめ。気の合うお友達とのパーティーにいかがですか?ただし、飲み過ぎないようにしてくださいね♪

2.ダーティ・マザー

「ダーティ・マザー」の意味は汚れた母。このカクテルは、ブランデーがコーヒーリキュールで濁ることから付けられた名前です。アルコール度数32度ですが、コーヒー風味でブランデー初心者の方でも飲みやすいですよ。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

peridot99

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう