ライター : milkpop

栄養士 / 製菓衛生師

「読み物として楽しい記事」をモットーに、情報を正確におもしろくお伝えできるよう日々研究中です。「食」の楽しさやおいしさが、たくさんの人に伝わりますように!

ツイッターに悪魔のようなつまみ降臨!

Photo by milkpop

以前ネット上で話題となった「カマンベールのベーコン巻き」。当時も驚異のカロリーとおいしさで注目されましたが、今度はアレンジされ「悪魔のようなつまみ」となってツイッターに再降臨しました! どうやら今度は、お酒好きが唸る大人テイストなおつまみのようですよ……!すでに相当中毒性が高そうな雰囲気がプンプンしていますが、実際に作ってみたので実食レビューでご紹介します!

SNSでは挑戦する人が増加中♩

ブランデーに一晩漬けたカマンベールチーズをベーコンで巻いて塩とブラックペッパーで焼くと悪魔のようなつまみになるっていうのがよく分かりました。

中トロットロでブランデーの香りが口のなかに広がってヤバかったです。
デブカツ!デブカツ!

出典: twinavi.jp

話題となったきっかけは、†不働卿†いっさん@刈谷ビリーさん(@6wankoro9)のこちらのツイート。カマンベールのベーコン巻きは存知上げていましたが、まさかブランデーに漬けるとは……!なんで思いつかなかったんだろうと思うくらいすごくおいしそう!
でも、チーズを液体にひと晩漬けて溶けてしまわないのでしょうか?†不働卿†いっさん@刈谷ビリーさんのコメントによれば「カマンベールのように薄い皮のような物があるチーズだと焼く時に溶け出してくる事はない」とのこと。 なるほど、「カマンベール」を使うというのがポイントなんですね。ちなみにブランデーはなんでもいいそうで、†不働卿†いっさん@刈谷ビリーさんはスーパーで1番安いブランデーを購入し作ったそうです。
ツイートには「深夜に見るんじゃなかった...」「良い意味でヤバイ」と、食欲とカロリーの狭間で苦しむコメントが続々と寄せられていました。 たしかにこれ、完全なる飯テロですよね……。実際に作ってみたというツイートも多く、なかにはひと口サイズで作っている方もいらっしゃいました。
ちなみにブランデーに漬けずに作った場合、漬ける場合に比べ風味が足りないのだそう。これだけでも十分おいしそうですが、一度味を知ってしまうと後戻りできなくなるということでしょうか……? ひしひしと感じる悪魔のヤバさにドキドキしつつ、さっそくつくってみました!

「悪魔のようなつまみ」作ってみた!

Photo by milkpop

今回は†不働卿†いっさん@刈谷ビリーさんと同じく、スーパーで一番安いブランデーとカマンベール、ベーコンを用意。低コストでどれだけのおいしさが実現できるのか、レッツクッキング!

材料

Photo by milkpop

・カマンベールチーズ……1個 ・ブランデー……150ml ・ベーコン……3枚 ・塩胡椒……適量

手順

Photo by milkpop

1. カマンベールチーズをタッパーに入れ、ブランデーにひと晩漬けこみます。

Photo by milkpop

2. ひと晩漬けるとこんな感じ。ブランデーが染み込んでいるのか、ほんのり茶色くなっています。

Photo by milkpop

3. 表面をキッチンペーパーなどで軽くふき取り、ベーコンを巻きます。ベーコンを「*」の形に並べ……、

Photo by milkpop

4. 先を中心に向かって折りたたみます。隙間がないようにぴったりくっつけましょう。

Photo by milkpop

5. 綴じ目を下にし、焦げ目がつくまで両面焼きます。最後に塩こしょうで味を整えたら完成です!

熟成の深いコクに腰砕け…!

Photo by milkpop

ブランデー×カマンベール×ベーコンの「悪魔のようなつまみ」完成! 鼻を近づけるまでもなく、あたりにはベーコンのスモーキーな香りがふわ~んと漂います。……もう香りだけでおいしそうなんですが、いけません、肝心なのはブランデーに漬けこんだチーズですよね。とりあえず中身を拝見しようと、中心にナイフを入れてみました。

Photo by milkpop

すると、中心からは雪崩のようなチーズがとろ~り♩おおお!これはテンションが上がりますね!冷めないうちにさっそくひと口。いただきます! 口に入れた瞬間、お酒のほろ苦さと芳醇な香りがブワワワァァとすごい勢いで広がっていきました。ベーコンの塩気とチーズのコクが後から追うように辿り着き、ブランデーの風味とまろやかに溶け合います。 熟成のうま旨味、っていうんでしょうか……三位一体になって生まれる深みがすごい!!

Photo by milkpop

これは絶対にクラッカーに合うはず!いそいそとお菓子の棚をあさり、お次はクラッカーに乗せてパクリ。 甘さと香ばしさが加わって、さっきよりも食べやすい!作る前は「ビールに合いそうだな~」と思っていたんですが、この上品さ、ワインにもぴったりマッチしそうです。ほどよく塩気がきいているので、手元にお酒があったらグイグイいっちゃいそう。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS