ライター : bambi

グルメ主婦ライター

奈良県在住、小学生2人を持つ主婦ライターです。奈良県と言えば鹿のイメージが強いと思いますが、美味しい食材もたくさんありますよ。

ひな祭りのごちそうといえば…

ひな祭りとは3月3日におこなわれる桃の節句のことで、女の子の健やかな成長を祈る伝統行事です。ひな祭りでは、ちらし寿司やひなあられを食べる風習があります。ちらし寿司には、縁起のいい具材が使われ、華やかで彩りよく仕上げるのが特徴です。さらにひなあられは、ピンクや緑、黄、白の4色で四季を表し、子供の元気な成長を祝い、災いや病気を追い払う意味があります。

ひな祭りにおすすめのレシピは?

ひな祭りには、華やかで見栄えがするちらし寿司がおすすめです。この記事では、ちらし寿司に合わせたい献立を紹介します。華やかな料理を並べ、ひな祭りパーティーを楽しみましょう。

【主菜】ちらし寿司に合わせたい人気レシピ5選

1. 春らしい仕上がり。桜鯛の道明寺蒸し

桜餅のような道明寺蒸しは、桜の塩漬けを添えて春の香りを楽しみましょう。懐石風のおかずで見た目も春らしいですよ♪ ピンクが愛らしい、女の子の節句ならではのお料理ですね。むずかしそうにみえますが、意外と簡単なのでぜひトライしてみてください。

2. おもてなしにピッタリ。ローストビーフ

Photo by macaroni

ひな祭りには、おもてなしにピッタリのローストビーフもおすすめ。フライパンとオーブンを使えば、失敗なく作れますよ。牛肉は冷えたまま加熱してしまうと、うまく中心まで火が入らないので、常温に戻してから焼いてくださいね。口の中に溢れるローストビーフの旨味を存分に味わってみてください。

3. たっぷり野菜で。筑前煮

Photo by macaroni

根菜をたっぷり使う筑前煮に、花形のにんじんやさやえんどうを加えれば、華やかなひと品のできあがり。筑前煮は、煮込む前に材料をしっかりと炒めておくことが、おいしく作るポイントです。作り置きも可能なので、たくさん作っておけば翌日も楽しめます。

4. 子供もよろこぶ。菜の花のグラタン

旬の菜の花とピンク色のえびを使うグラタンは、まさにひな祭りの色合いです。ちらし寿司はさっぱりとしているので、濃厚なチーズグラタンと組み合わせるとバランスがよいですよ。大皿で焼いて取り分けても、ひとりずつグラタン皿で焼いても、よろこばれます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ