ケーキ型

ホールケーキ、シフォンケーキ、チーズケーキ、パウンドケーキなど、どんなケーキを作るかによって必要な形が異なります。これらに使う一般的な焼き型は、どれも100均で購入可能。鉄、ブリキ、耐熱ガラスの型は古くから使われていますが、最近は洗いやすく保管が楽な、シリコン素材が人気です

クッキー作りに揃えたい道具

抜き型

クリスマスにはツリー、バレンタインにはハートなど、どんな抜き型を使うかによってさまざまな形が楽しめます。生地さえ作っておけば、小さな子どもでも抜き型を使ってお菓子作りが楽しめますよ。必ず必要と思われがちですが、アイスボックスクッキーのように、抜き型なしで作れるレシピもあります。

めん棒

ボウルであわせた生地を、平らに伸ばすための作業で使います。抜き型と同じように、アイスボックスクッキーでは使用せずに作ることも。クッキー以外にもタルト生地を伸ばすのに使ったり、漢字では「麺棒」と書くように、手打ちうどんを作ったり、お肉や野菜をたたくときにも活用できます。

クッキングマット

ビニールやシリコン素材で作られるクッキングマットは、油を含むクッキーの生地でもくっつかずに伸ばすことができます。めん棒とクッキングマットは両方とも100均で手に入るので、セットで揃えておくと良いですよ。 まな板で代用できそうですが、表面がざらざらとしているので生地が崩れやすく、伸ばすにはサイズが小さめ。パン作りにも欠かせないアイテムです。

オーブンシート

クッキーに限らず、オーブンで焼くときに天板の上に敷くものです。オーブンシートを敷いておけば、焼きあがったあとスルリとこびりつかずにはがすことができます。 クッキングシートや、ベーキングシートという名前でも販売されていますが、使い方は全く同じ。使い捨てが一般的ですが、洗えば何度も使えるエコなタイプもあります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ