ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

初心者でもOK!お菓子作りに挑戦しよう

お菓子作りには、ケーキクーラーや粉ふるいなど、通常の料理には使われない道具が必要になることがあります。レシピの分量通りに作らないと膨らみ加減や食感にも影響するので、目分量は絶対にNG! お金をかけずに気軽に始めたい初心者の方も、ほとんどのものが100均で購入できちゃいます。必要な道具をマスターしたら、しっかりと揃えてからお菓子作りをスタートしましょう♪

まずは基本の道具を揃えよう

ボウル

クリーム作りや生地作りなど、材料を混ぜるのに幅広く登場するボウル。通常の料理にも使われるので、お菓子作りをしない方も持っている方が多いのではないでしょうか。お菓子用に新しく買い揃えたいという方は、熱伝導の良いステンレス製、レンジに使えるシリコンやガラス製など、お家にない素材のものを選ぶと良いですよ。

ゴムベラ

炒め物などに使われる木ベラとは違い、クリームや焼く前の生地をしっかりとキャッチできるゴムベラ。全体をまんべんなく混ぜたり、ボウルから焼き型へと移す際にスムーズに作業できます。お菓子作り以外に登場する機会は少ないですが、代用の効かないアイテムなので必ず揃えましょう。

泡立て器

名前の通り、シャカシャカと空気を含ませながら泡立てるための道具です。一般的には生クリームからホイップクリームを作ったり、メレンゲ作りにも使われます。素早く混ぜられる電動のハンドミキサーと泡だて器は、ひとつずつ持っておくのがおすすめ。それぞれシーンによって使い分けができます。

はかり(スケール)

砂糖や塩など、固形の食材を計るのに便利な「はかり」。メモリで見るタイプとボタンを押して計れるデジタル式がありますが、小数点以下の細かい分量まで正確に計れるデジタル式がおすすめです。容器の重さなども簡単に差し引けるので、初心者でも使いやすいアイテムです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS