6. 具沢山のショウガ風味みそ汁

仕上げにおろしショウガを加えたショウガ風味の味噌汁です。中華丼はとろみがあり冷めにくいのが特徴ですが、こちらの味噌汁に入ったショウガで、より体が内側からホカホカと温まります。こちらのみそ汁の具材は大きめに切るのがコツだそうですよ!かきこんで食べることが多い丼ですが、大きめ野菜でちょっと食べるスピードを落としてあげると食後の満足感もアップします。
▼生姜の保存方法はこちらをチェック

ちょこっとプラス。さっぱり系副菜6選

7. 紫キャベツとヒヨコ豆のマリネ

紫キャベツの彩がきれいなマリネは甘酸っぱい味付けで、中華丼の甘みととろみとの相性もばっちりです。ひよこ豆の食感もアクセントになりますね。レモン汁を使って和えているので、香りも軽やかで紫キャベツがより鮮やかに仕上がります。こちらのひと品を添えるだけで食卓もにぎやかになりますよ!

8. リンゴとカマンベールチーズのサラダ

甘酸っぱいリンゴとトロッとおいしいカマンベールのチーズを使ったサラダです。中華丼との組み合わせは意外!と思われるかもしれませんがチーズの塩味、リンゴの甘みとシャリっとした食感が、とろみのある中華丼のたれの味ともよく合い食感の違いも楽しめます。サラダに入ったクルミの歯ごたえもアクセントにピッタリです。

9. ささ身と長芋の梅和え

長芋の梅肉和えは単品でもカラフルで食卓が美しく見えます。中華丼はニンジンや海鮮、うずらなども入って色味はいいのですが、梅肉のあざやかな赤色が入ると、パッと見るだけで食欲もわいてきます。梅の酸味と長芋のシャリ感、ささみの柔らかさの組み合わせもよく、中華丼の味付けにもよく合います。

10. ヒジキの白和え

献立として白和えを添えるのもおすすめです。豆腐とゴマの香りも楽しめ砂糖だけのシンプルな味付けも、丼と組み合わせて食べるのにぴったりです。また、こちらのレシピは市販のひじきの煮物を使っているので、中華丼の調理のあい間にあっという間にできます。保存もきくので、冷蔵庫に入れておく常備菜としてもおすすめです。

11. モヤシのナムル

こちらもさっとできるシンプルなレシピです。ナムルのゴマ油の香りは中華料理がベースになっている中華丼のたれとの相性もばっちりですよ!ショウガとニンニクでうまみを感じ、太もやしを使っているのでパンチのある仕上がりになります。トロッとおいしい中華丼の合間に、しゃきしゃきのもやしを楽しんでくださいね。
▼もやしの保存方法はこちら

編集部のおすすめ