ほったらかしでOK。「すだちシロップ」が万能調味料として活躍しそう

秋が旬のすだち。脇役のイメージが強く、冷蔵庫で余ってしまうことも。そんなすだちはすだちシロップにすることで、いつでもすだちの味を楽しみことができますよ♩長期保存可能なのも◎。すだちシロップの作り方と活用レシピをご紹介します。

旬のすだちをシロップに♩

すだちと包丁

Photo by 若子みな美

秋に旬を迎えるすだち。産直市場に行くと、5個100円くらいで安く売られています。炊き込みご飯や麺類に添えたり、焼いたさんまに添えたりと、和食の添え物として使われることが多いですよね。たまにしか使うことがなく、冷蔵庫の中で忘れられてしまうことも……。

そこで、すだちがたくさん手に入ったときや、すだちの味を思う存分楽しみたいときにおすすめの「すだちシロップ」をご紹介します!

料理の脇役イメージが強いすだちですが、シロップにしておくことで、さまざまなアレンジもできるんですよ♩甘いドリンクから、ドレッシングやソースなどのお食事系まで……万能調味料として役立っちゃうかも!?

脇役から主役級へ!すだちシロップ

すだちシロップ

Photo by 若子みな美

すだちシロップは、すだち、氷砂糖、酢があれば作れます!清潔な密閉できる保存瓶に、この3つを入れておくだけです。すだちシロップにしておくことで、常温で長期保存できるのも嬉しいですね♩

シロップにすることで、すだちのさわやかな風味は残りつつ、酸味が和らぐので、酸っぱい味が得意でない方やお子様にもおすすめですよ。

すだちシロップの作り方

それでは、すだちシロップを早速作ってみましょう!すだちはノーワックスが必須ですよ。

材料

すだちと凍り砂糖

Photo by 若子みな美

すだち……400g
氷砂糖……400g
酢……80ml

※すだち:氷砂糖=1:1と覚えておくと便利です!酢はすだちの10〜20%くらい入れるのがおすすめです。

作り方

容器に入ったすだち

Photo by 若子みな美

1. すだちを洗い、ヘタを切って半分にカットする。
すだちと瓶

Photo by 若子みな美

2. 保存瓶に、すだちと氷砂糖を交互に入れ、最後に酢を入れる。
保存容器の瓶

Photo by 若子みな美

3. しっかり蓋をして、3日くらいして氷砂糖が水分になってきたらOK!

1週間後

一週間後のすだちシロップ

Photo by 若子みな美

氷砂糖が溶けて、すだちシロップが完成しました!この状態で常温保存できます。シロップを取り出すときは、清潔なお玉やレードルを使用してくださいね。

おいしい活用方法3選

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

管理栄養士 若子みな美

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう