使うときのポイント

初めてハトメパンチを使う際に起こりがちなのが、リングの裏表を間違えてしまうことと、取り付けが甘くなってしまうこと。リングの裏表に関しては、取り付け前に確認することで間違いをなくすことができますよね。

取り付けを失敗してしまった場合ですが、実はとりはずすことでやり直しが可能なんです。むずかしくないので、うまくいかなかった場合は裏側から丁寧に取り外して、もう一度チャレンジしてみましょう!
ここからは、みなさんがハトメパンチを使ってどのようなDIYを楽しんでいるのかを見ていきたいと思います。ギフトにぴったりのアイデア、生活に華を添えてくれるアイデア、ちょっと意外な使い方まで、真似したくなるようなものばかりですよ。

ギフトにぴったりなアイデア5選

1. タグを華やかに

サンキュータグにゴールドのハトメを付けると、華やかさがぐっと増しますね!タグのデザインは自分で考えてプリントするのもいいですが、市販されているものにアレンジを加えるだけでも個性が出ますよ。

2. タグ穴の補強に

瓶にタグをつける際、穴を開けただけの状態で紐を通してしまうと、どうしても擦れて紙がちぎれてしまったり、穴のまわりがぼろぼろになってしまったりしてしまいますよね。そんなときにも、ハトメパンチの出番です。ハトメと紐をゴールドで統一するのもいいですし、あえて色を変えてもかわいいですね。

3. プチギフトに

おしゃれなラムネの瓶などのプチギフト、麻紐とゴールドのハトメ、オリジナルのカードデザイン。手作りでタグを作るのは少し手間がかかりますが、もらうほうからするととても嬉しいものですよね。

4. 招待状に添えて

結婚式の招待状のカードも、そのまま送るのではなくちょっとひと手間加えましょう。手作りのカードにハトメを付け、とじて紐で留めたら完成です。タグには、結婚式の日付などを入れておくとよさそうですね。

5. カードの代わりに

ちょっとしたギフトにカードを添えるのもよいですが、カードにハトメをつけて添えてみてはいかがでしょうか?まるで洋菓子店のタグのようなかわいいデザインとお菓子に、うっとりしちゃいますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ