落し蓋をしないとおいしくないの?

Photo by macaroni

さて、落し蓋をする意味は説明しましたが、必ずしも必要なのでしょうか。 結論から言うと、必ずしもないといけないものではありません。落し蓋がなくてもおいしく煮物を作ることはできます。ですが、落し蓋をせず煮物を作ると、加熱度合や味自体にムラが出てしまうこともあります。 それほど料理をする頻度が高くないという方や、和食はあまり作らないという方は、わざわざ買うのはもったいなく感じてしまいますよね。そんなときは、家にあるものを使って代用しましょう。

キッチンにあるもので落し蓋を代用

おいしい煮物を作りたいと思ってレシピなどを検索すると、「お鍋に材料を入れ、落し蓋をして煮込む」といった工程を見かけますが、ご自宅に落し蓋がない方も多いですよね。ご家庭によくある、落とし蓋の代用になるものをご紹介します。

クッキングシート

クッキングシートは食材やお鍋に焦げが付いてしまうことがなく、扱いやすい落し蓋の代用品です。 クッキングシートを落し蓋の代用にする際は、鍋より少し大きく切ったクッキングシートを、一度くしゃくしゃに丸めましょう。そして中心部と、周りに何箇所か穴を開け落し蓋の代わりにします。クッキングシートは特殊加工が施されているため、洗って再び落し蓋として使うこともできますよ。

アルミホイル

アルミホイルもクッキングシート同様、何か所か穴を開け一度丸めたものを再び開いて使います。 アルミホイルはたくさんのアクを取ってくれるため、落し蓋の代用品の中でもおすすめです。ただし、アルミホイルは破れやすいもの。再利用はしにくいので、代用品として使ったあとは捨てましょう。

キッチンペーパー

キッチンペーパーは、煮汁などの水分を含み、材料に味が染み込みやすいといった特徴を持ちます。キッチンペーパーを落し蓋の代用品にする際には、数枚を少しずつ重ねてお鍋の中にいれましょう。 真ん中の部分に隙間が開くように重ねることがポイント。煮汁の蒸気が隙間から上手に抜け出して、吹き上げも防ぎます。アクも取ってくれるので、便利な代用品です。

上でご紹介したアイテムのどれもないときは、皿を落し蓋の代用品として使用することも可能です。 落し蓋の代わりにする際は、鍋よりひと回り小さいのはもちろんのこと、できるだけ浅い皿を使用するとよいでしょう。重たいお皿は材料を潰してしまう可能性があるため、なるべく軽い皿を選ぶようにしましょう。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS