もしクッキーだったら?ホワイトデーのお返しの意味がシビアすぎる

日本では、女性からチョコレートをもらった男性がお返しをする日として親しまれているホワイトデー。お返しに何をもらうかによって相手の気持ちまでわかってしまうらしいんです。お返しのお菓子に込められた意味やホワイトデーの由来まで、まとめてご紹介!

3月14日はホワイトデー!

日本では、バレンタインに女性からチョコレートをもらった男性が、お返しをする日として知られている「ホワイトデー」。子供の場合は、両想いであればお返しがあるという、子供独自のルールがあるところもあるようで、前日はドキドキして眠れなかったという経験がある人も多いかもしれませんんね。
日本ではバレンタインでもらった物のお返しをする目的の印象が強いホワイトデー、このイベントの始まりはいつ頃なのでしょうか。

ホワイトデーの歴史は意外と浅い?

ホワイトデーの起源については諸説あるようですが、もっとも有力と考えられているのは、日本発祥説。昭和50年代にのおかし製造会社が出した広告によってホワイトデーのイベントが広まっていったといわれています。徐々にバレンタインデーが定着しつつあった当時、これに目をつけたお菓子業界が新たな記念日を設立しようとしてできたのが、ホワイトデーだったといいます。
内祝いなど、「頂いたらお返しをする」と言った考え方がある日本人にとってこのホワイトデーはすんなりと受け入れられたようです。日本人男性の愛情表現が下手と言われている性質にも合っていたのでしょう。個人でお返しをするよりは、記念日になることで自然な形で渡しやすくなったのかもしれませんね。

ホワイトデーはアジア特有のイベント?

日本ではすっかり定着しているホワイトデーですが、世界共通でなく、韓国や台湾、中国などアジア圏の一部のみで行なわれている習慣のようです。

もともとは「マシュマロデー」だった!

ホワイトデーは始まった当初から今のようなスタイルだったわけではありません。もともとは、老舗和菓子屋の「石村萬盛堂」の現社長による思いつきで始められたものだったのです。
昭和52年、現在の社長である石村氏が雑誌を見ていたところ、「勇気を出してバレンタインデーにチョコレートをあげたのに、男性からは何もないのは不公平だ」という記事を目にします。これをきっかけに、当時から石村萬盛堂の看板商品であった「鶴乃子」(黄味餡をマシュマロで包んだ和菓子)を活用して、お返しをする日を新たに作れないかと思いついたのが始まりでした。
試行錯誤の上、バレンタインの1か月後である3月14日を「マシュマロデー」に定めました。クリスマス、年末年始、バレンタインと繁忙期が続くお菓子業界にとって、閑散期にあたる3月頃に再度売り上のアップを見込めるイベントを設定した案は功を奏したのです。
その後、百貨店からの申し出によりマシュマロに限定せずに、もっと幅広くお返しができないかという意見があり、名前もマシュマロデーからマシュマロを連想させる「ホワイトデー」に変えられ、現在のようなスタイルへと変化していったのだそうです。
今では、バレンタインに負けず劣らずと言っても過言ではないほど、売り場や特集が充実していているホワイトデーですが、実はこんな偶然から始まっていたのですね。

お返しのお菓子の種類で気持ちを確かめる!?

マシュマロデーからホワイトデーに改名された後も、しばらくはマシュマロをお返しするというのが定番スタイルだったようですが、最近ではお返しするお菓子の種類も様々になってきています。実は、そのお菓子の種類によって相手の気持ちを想像できることをご存じですか。それでは、次にホワイトデーの定番とも言えるお菓子をいくつか見ていきましょう。

キャンディー

マシュマロに次いで、ホワイトデーの定番とも言えるキャンディーですが、これには「あなたのことが好き」「お付き合いして欲しい」などのプラスの意味が込められているようです。
また、ここに挙がっている他のお菓子に比べると、キャンディーは食べた時に口の中に残っている時間が長いため、「長く一緒にいられる(いたい)」といった意味もあるのだとか。いずれにしても、お返しでキャンディーをもらった場合は、見込みアリと見なしてよさそうですね。

マカロン

特集

SPECIAL CONTENTS