ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

ホワイトデーとは?

ホワイトデーとは、主にバレンタインデーにお菓子をもらった男性が、3月14日に相手の女性にお菓子をお返しする日のことです。ホワイトデーに贈るお菓子はキャンディやマシュマロ、ホワイトチョコレートが一般的です。

最近ではホワイトデーの在り方は多様化しています。友達に贈る“友チョコ”、職場などで発生する恋愛感情を共わない“義理チョコ”、そして自分へのご褒美に贈る“自分チョコ”など、さまざまな目的があります。

ホワイトデーは日本発祥だった!

バレンタインデーが海外生まれの風習であることは知られていますが、ホワイトデーが日本発祥だということはあまり知られていません。

現在では中国や韓国などの東アジアでもホワイトデーの文化が定着してきました。一方、欧米をはじめとするほとんどの国ではホワイトデーの存在はあまり知られていません。ホワイトデーは"贈り物には必ずお返しをする"という日本人らしい風習ではないでしょうか。

日本で正式にホワイトデーと命名されたのは1978年。命名以前は、クッキーデーやマシュマロデーのほかに、ポピーデー、フラワーデーとも呼ばれていたそうですよ。

ホワイトデーの起源には3つの説が

ホワイトデーの明確な起源は定かではなく、代表的な説が3つ存在しています。そのため毎年ホワイトデーの季節になると、それぞれの説が元祖を主張することがあります。昭和40年代には、製菓会社がバレンタインデーのお返しとしてお菓子を贈ることを宣伝し始めました。

その後、各会社がお返しの日を定めました。贈り物にはクッキーやマシュマロ、キャンディなどが"お返しの贈り物"として販売され、その文化が定着していったのです。

1. 全国飴菓子工業協同組合(全飴協)説

全国飴菓子業協同組合(全飴協)はバレンタインデーのお返しにキャンディを贈ることを提案し、1980年に3月14日を“キャンディを贈る日”と定めました。そして2年後の1982年には、百貨店や広告会社の協力でイベントやキャンペーンをスタートさせ、ホワイトデーを定着させたという説があります。

2. 石村萬盛堂説

マシュマロ菓子「鶴乃子」で知られる福岡市の老舗菓子屋「石村萬盛堂」が、バレンタインデーのお返しとしてマシュマロを渡す日を創設しました。”君からもらったチョコレートを僕のやさしさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ”とのコンセプトで、黄身餡の代わりにチョコレートをくるんだマシュマロを売り出しました。

この「マシュマロデー」は、1978年3月14日からキャンペーンが開始され、1980年代に名称をホワイトデーに変更しました。

3. 不二家&エイワ説

不二家もまた“リターン・バレンタイン ”という名称でバレンタインデーのお返し用菓子類の宣伝販売をおこなうようになりました。お菓子メーカーのエイワと共同で1973年に「メルシーバレンタインキャンペーン」をおこない、バレンタインデーのお返しにキャンディやマシュマロを贈ることを広めました。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ