瓶の蓋が固すぎて開かない!誰でもできる簡単な開け方ガイド

ジャムの瓶の蓋を開けようと思ったらカチカチで開かない。料理中に調味料の瓶の蓋がカチカチで開かない。固くて開かなくなった瓶の蓋にイライラさせられたことは、誰にでもあるのではないでしょうか。瓶の蓋が開かなくなる理由と、その対策を解説します。

2018年6月5日 更新

4. 手首を固定してひねる

手首をひねるのではなく、腕全体の力を使うようなイメージで瓶の蓋を開けてみましょう

まず、瓶を持って両腕を前方にピンと伸ばします。もちろん、片手は蓋、もう片方の手は瓶本体にかけてください。そのまま手首をひねらないように意識し、肘だけを曲げて身体のほうに瓶を引き寄せます。

力の弱い女性でも、この方法を試すと意外とすんなりあけられることが多いようです。

それでも開かないときの、道具を使う方法5つ

1. 蓋を温める

湯せんで温めることによって、収縮した蓋を広げると同時に、瓶の口の周りにこびりついて固まった調味料などを溶かします。しかし、温める際に水分が瓶の中に入り込んでしまう恐れがあるので、十分に注意しましょう。

2. ゴム手袋を使う

手がすべらないように、ゴム手袋を着用して蓋を回してみましょう。すべることによって逃げてしまっていた力が、ギュッと留まるので、開けやすくなります。
3 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

shochang

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう