瓶の蓋が固すぎて開かない!誰でもできる簡単な開け方ガイド

ジャムの瓶の蓋を開けようと思ったらカチカチで開かない。料理中に調味料の瓶の蓋がカチカチで開かない。固くて開かなくなった瓶の蓋にイライラさせられたことは、誰にでもあるのではないでしょうか。瓶の蓋が開かなくなる理由と、その対策を解説します。

2018年6月5日 更新

開かなくなったときの簡単な対処法4つ

1. 瓶のほうに力を入れてひねる

「蓋を開ける」と言うからには蓋をひねることに気を取られがちですが、それが瓶の蓋を開けにくくしている大きな原因なんです。

円形のモノは、直径が大きいものほど大きい力をかけることができます。瓶はそのほとんどが、蓋の直径よりも瓶の直径のほうが大きいですよね?なので蓋に力をかけてひねるよりも、瓶に力をかけてひねるほうが大きい力がかかるので、瓶の蓋が開けやすくなります。

瓶の蓋が開かない!というときには、まず試してほしい方法です。

2. 瓶の底を叩く

タオルの上に瓶をさかさまに置いて、瓶の底を叩いてみましょう。瓶に衝撃を与えると、蓋と瓶の間に空気が入るので蓋が開きやすくなります。底でなくても、蓋の縁を金づちなどでトントン叩くと、同じように瓶と蓋の間に空気が入るので開きやすくなるんです。

瓶が割れてしまわない程度に、いろいろな衝撃を与える方法を試してみると、もっと良い方法が見つかるかもしれませんね。

3. 膝を使う

体育座りで膝を立てて、その上に瓶を置いて固定する方法です。膝の上だと瓶がすべりにくくなるので、力が逃げていかず開けやすくなります。ちなみに、ズボンの上からだとすべってしまう可能性があるので、素肌の状態でやってみてくださいね。
2 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

shochang

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう