パスタをスプーンにクルクル…は間違い!? フォーク1本で美しく食べるコツ

フォークとスプーンでパスタをクルクル……この食べ方、一見お上品に見えますが、イタリア人から見ると小さな子どものような幼い食べ方なんだとか!イタリア人のパスタの食べ方、日本でスプーンが使われるのはなぜ?正しいフォークの使い方をお教えします。

「フォークとスプーンでパスタ」は間違い!?

右手のフォークでパスタを巻き取って、左手のスプーンで形を整えて口に運ぶ……このフォークとスプーンスタイルが、パスタの正式な食べ方だと思っている人が多いのでは?ナイフとフォークでステーキをカットして口へ運ぶように、両手を使うとお上品な気がしますよね。
しかし、パスタの本場イタリアでは、スプーンを使わないというのです!正しいパスタの食べ方について、お教えします。

イタリアでスプーンを使うのは幼児だけ

地域により使うところもありますが、一般的にイタリアではパスタを食べるときにスプーンを使いません。スプーンを使うのは、フォーク1本で上手にパスタを食べられない子どもだけなんだとか!スプーンを使うのは「大人なのにフォークを上手に使えない」ちょっと恥ずかしい感覚のようです。日本人が「箸をきれいに持てないと恥ずかしい」と考えるのと似ていますね。

17世紀頃は手づかみだった!

スプーンを使わないどころの騒ぎではありません。なんと、17世紀頃のイタリアでは、庶民はパスタを手づかみで食べていたのです!
イタリア・ナポリの伝統的なパスタ「ヴォイエロ」のパッケージには、手づかみでパスタを食べているピエロの姿がプリントされています。 当時のナポリで、パスタはファストフードとして食べられていました。路上に置かれた大きな釜で茹でたパスタを、誰もが気軽に手づかみで食べる。日本の伝統的なファストフード「寿司」とどこか似ていますね。
▼手づかみイラスト入り「ヴォイエロ」の購入はこちら

なぜ日本ではスプーンを使うの?

フォークとスプーンを使ってパスタを食べるのは、1930年以降にアメリカから日本へ入り、広まった文化だと考えられています。「食べやすい」という理由でアメリカで使われるようになり、日本でも広まったんですね。
最近では、日本でも高級レストランを中心に、パスタ用にスプーンを出さず、フォークだけを提供するお店が増えています。テーブルの上にスプーンが出ていたとしても、それは魚料理やスープ用である可能性が高いです。必要な場合はパスタ用のスプーンを頼めば用意してくれるはずなので、遠慮せずに声をかけてみてくださいね。

日本ではパスタに箸も使う

和風の味わいのパスタで人気な「洋麺屋五右衛門」では、「本場イタリア産の食材を使った日本生まれのスパゲッティ」として、お箸で食べることをすすめています。確かに、日本人にとって馴染み深いお箸で食べられると安心しますね。しかし、お蕎麦やうどんのようにすすってしまわないかちょっと心配でもあります。

パスタの上手な食べ方

ロングパスタであるスパゲッティを、フォーク1本で美しく食べるコツをご紹介します。マスターすれば、スプーンが用意されていないお店でも安心して食べられますよ!

巻き取りスペースを作る

お皿にたっぷり盛り付けられたスパゲッティ。少しフォークで押しのけて、巻き取った麺を整えるスペースを作りましょう。スプーンの上でくるくるフォークを回して麺の形を整えていた作業を、お皿の端のスペースで行うのです。

山のてっぺんから巻き取らない

特集

SPECIAL CONTENTS