いつから教える?赤ちゃんがストローを使うための練習方法、教えます

赤ちゃんは生まれて半年弱の間、母乳かミルクのみで栄養を摂っていますが、離乳食が進むとストローで飲み物も飲むようになりますよね。ストローはいつから使えるの?練習は必要なの?その方法は?今回は、そんな疑問にお答えしたいと思います。

ストローが使えると、ママも楽ちん

赤ちゃんがストローを使えるようになると、育児の手間がぐっと減ります。ストローマグなどは太いものが多いので、哺乳瓶より洗いやすくなっており、衛生的。そしてストローは大人も使うアイテムなので、外出先などでも入手しやすいですよね。

そんなストローですが、ストローにすることでいったいどのようなメリットがあるのでしょうか。

ストローで飲めるようにするメリット

赤ちゃんがストローで飲み物を飲めるようになると、出先ですぐに飲み物を与えられるので、赤ちゃんのご機嫌取りがおもちゃ以外でもできるようになります。

ミルクと違って、完成した状態で持ち歩けるのも大きなメリットです。また、蓋をすることができるタイプが多いので、保存や持ち歩きも簡単です。

赤ちゃんにストローはいつから?

赤ちゃんがストローを使うのは、早くて離乳食を始める生後6ヶ月頃からです。もちろん突然ストローで飲めるようにはならないので、少しずつ練習する必要があります。

だいたいの赤ちゃんは8ヶ月頃までに練習を始め、1歳になる頃にはほとんどの赤ちゃんがストローで飲むことができるようになります。始めるタイミングは、ママのタイミングでも構いませんが、赤ちゃんの様子をしっかり見て始めてください。決して無理にさせようと思わず、のんびり気長に練習させていきましょう。

赤ちゃんのストロー練習に使うもの

赤ちゃんがストローの練習を始めるときに揃えておくグッズを紹介します。いきなり始めるのではなく、物を準備することでママも心の準備ができますよね。

ストロー

初めてのストローは、大人用ではなく子ども用の細くて短いものを選びましょう。長いと、その分たくさん吸い込まないと飲み物が出てこないので、赤ちゃんには不向きです。太さも同様に、太いものだとたくさん吸う必要があるので、細いものを選んであげてくださいね。

飲み物

飲み物は糖分やカフェインが入っていないものを選びましょう。初めは湯冷ましや麦茶でストローの練習をすれば、こぼしてしまってもべたつくこともなく片付けが楽です。赤ちゃんの飲み物は暑すぎても冷たすぎてもいけませんので、温度調整に注意してくださいね。

コップ

左右両方にハンドルの付いたコップが最適です。赤ちゃんが自分で持って飲むのはまだ先かも知れませんが、ママが持って練習するときにもふたつハンドルがあると便利です。

ハンカチ

赤ちゃんが吸う力の加減に慣れるまでは、必ず口からこぼしたり垂らしたりしてしまうので、ハンカチは必需品です。ガーゼのハンカチならお肌に優しく吸水力にも優れているので、お風呂で使っているガーゼのハンカチなどを用意してあげてくださいね。

スパウトマグ

スパウトとは、くちばしのような飲み口のことです。小さな穴がいくつか開いている大きめのストローのような形をしています。

形状が乳首に似ているため、哺乳瓶に慣れている赤ちゃんはすぐに飲めるようになることが多いです。ストローより吸う力を必要としないので、ストローへのステップとして口にくわえさせることから慣らし始めると良いでしょう。

ストローマグ

ストローがセットされているストローマグは、ストロー練習の必需品です。飲み口の部分を、スパウトから付け替えができるタイプが多く売られています。

普通のストローではコップに刺したときに浮いて安定しないので、赤ちゃんが使いにくかったり、危なかったりします。ですが、ストローマグであればストローが固定でされているので、赤ちゃんでも飲みやすく安心して練習することができますよ。

赤ちゃんのストロー練習方法

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう