ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

赤ちゃんにストローはいつから?

赤ちゃんがストローを使えるのは、早くて離乳食を始める生後6ヶ月頃から。コップ飲みより早いタイミングが多いです。もちろんどんな子でもすぐストローが使えるわけではないので、少しずつ練習を進めましょう。 だいたいの赤ちゃんは8ヶ月頃までに練習を始め、1歳になる頃にはほとんどの赤ちゃんがストローで飲むことができるようになります。決して無理にさせようと思わず、のんびり気長に練習させていきましょう。

赤ちゃんのストロー練習に使うもの

赤ちゃんがストローの練習を始めるときにそろえておくグッズを紹介します。いきなり始めるのではなく、物を準備することでママも心の準備ができますよね。

ストロー

初めてのストローは、大人用ではなく子ども用の細くて短いものを選びましょう。長いもの、太いものだとその分たくさん吸い込まないといけないので、赤ちゃんには不向きです。

飲み物

飲み物は、糖分やカフェインが入っていないものを選びましょう。初めは湯冷ましや麦茶でストローの練習をすれば、こぼしてしまってもべたつかず片付けが楽ちんです。温度は熱すぎても冷たすぎてもいけないので、容器を触って「ちょっとぬるいかな?」と感じるくらいに調整しましょう。

ハンカチ

赤ちゃんが吸う力の加減に慣れるまでは、必ず口からこぼしたり垂らしたりしてしまうので、ハンカチは必需品です。ガーゼのハンカチならお肌にやさしく吸水力にも優れているのでおすすめです。

スパウトマグ

ITEM

コンビ テテオ マグスパウト

¥980 ※2018年12月20日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

スパウトとは、くちばしのような飲み口のことです。小さな穴がいくつか開いている大きめのストローのような形をしています。 形状が乳首に似ているため、哺乳瓶に慣れている赤ちゃんはすぐに飲めるようになることが多いです。ストローより吸う力を必要としないので、ストローへのステップとして口にくわえさせることから慣らし始めると良いでしょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS