ライター : marmi_h

カフェ好き・パン好き・あんこ好き、美味しいものに目がない2児の母。アメリカでの駐在経験ありで、料理やお菓子作り、パーティーの飾り付けなども好きです。

子どもと3人、どうなる食費?

食べ盛りの子どもがいると、食事の量はどうしても多めになってしまいますよね。小さな子どもがいる家庭では、量は必要ないものの離乳食やミルク代などで意外と出費がかさみます。また家族の体調を考えると、栄養バランスも考えて食べて欲しいですよね。

そんな思いから、食費を削るのは子育てが一段落してから……と諦めてしまっていませんか?そもそも子どもがいる3人家族における食費の平均は、いくらなのでしょうか。

この記事では、家族の満足感が得られつつ、食費を抑えることができる節約のコツと、栄養バランスのよい節約レシピを合わせてご紹介していきます。

平均はいくらくらい?

1ヶ月あたりの家庭平均食費は、3人家族で月52,670円、1食あたり約585円と推定!総務省の家計調査によると、2019年度における2人以上世帯の平均食費は75,715円です。調査対象における平均世帯人員が2.96人なので今回はこの統計を参考にしています。

外食費12,511円を引くと、家庭での食費は63,204円になります。つまり1人につき21,068円です。大人2人と仮定し、子どもの食費を大人の半額に設定したとすると、52,670円の食費が平均と仮定できます。結構多いなぁと思った人も多いのではないでしょうか。

この平均は、全国すべての都市や家庭を一律に扱った場合の金額です。子育て世帯は教育にもお金がかかるので、食費にここまでお金をかけられないという家庭も多いかもしれないですね。

3人家族の食費、節約したい!

食費を節約しようと決めたら、まずは何のためにいくら節約したいのかをきちんと家族で共有することが大切です。ある日突然、節約モードに入ると家族が戸惑ってしまいます。家族で共通の夢を語るところから始めませんか?

例えば、マイホームを買いたい!旅行をしたい!おいしいレストランに行きたい!など節約の先に何か目にみえる目標があると、家族みんなの気持ちがひとつになります。

月の食費をあらかじめ決めておく

目標は月3万円!

例えば、世帯全体で使えるお金が年間200万円のうち、食費の割合を20%とすると、1ヶ月あたり約3万円です。これ以上切り詰めると、栄養が不足したり、偏ったりしてしまう可能性もあるので、まずはこの数字をクリアすることから始めてみてはいかがでしょうか。月3万円だとすると、1食あたり約330円です。かなり努力が必要な金額ですね。

一週間先の献立を決めておく

無計画に買い物をしていると、すぐに予算オーバーしてしまいます。特に子どもと一緒に買い物に行くとついつい余計なものを買ってしまいがち。これを解決するのが、子どもと一緒に献立決めをする方法です。お金の価値を教えて、節約をゲーム感覚にしてみてはいかがでしょうか。

買い物リストを作る

献立を決めたら必要なものをリストにします。可能であればスマホのメモ機能に保存しておくと、なくす心配がありません。また前回のメモを見返すこともできます。大体でいくらかかるのかを計算して、必要最小限のお金だけを持って買い物に行く方法もおすすめです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS