はりそば

1,000円
澄んで美しく冷たいつゆをはり、薄切りのスダチのせた見た目も味も爽やかなそばです。とてもシンプルなので、つなぎを使用しない十割蕎麦がじっくり味わえます。繊細で細切りのそばはのど越しよく、もう1杯ほしくなりますよ。 昼も夜もお酒をゆっくり味わってほしいという店主のこだわりで、おつまみも充実しています。人気メニューの「穴子の煮こごり」(680円)は、身がふっくらとやわらかく、お出汁と醤油の辛さがバランスよく、日本酒がすすみます。

店舗情報

■店舗名:蕎麦 ろうじな ■最寄駅:京都市役所前駅・丸太町駅 ■住所:京都府京都市中京区丸屋町691 ■電話番号:075-286-9242 ■営業時間:昼 11:30~14:00/夜 17:30~20:30 ■定休日:月曜日 ■参考URL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26023992/ ■公式HP:http://www.roujina.jp/

6. まつもと

河原町駅から歩いてすぐの、アクセス抜群の立地で、常連さんから観光の方まで幅広く人気のお店です。大通りではなく、京都らしい細い路地にあり、京町家の店構えです。店内は、カウンター7席のみの大人向けの落ち着いた雰囲気。日本酒好きの方に、ぜひおすすめしたいお店です。

もりそば

850円
細切りの十割そばはコシがあり、のど越しもよくツルツルッと食べられます。甘味はなくキリッとした味わいのそばつゆは絶品。お酒を飲んだ後のしめにぴったりのそばです。小鹿田焼等、使われている器にもこだわりがあるので、目でもじっくり堪能してくださいね。お酒のぐい飲みもひとつひとつ違い、店主が収集されたそうです。 肴も充実していますが、お酒を飲む場合のみ注文できるので注意してくださいね。「鳥わさ」(650円)や「わさびと焼きのり長芋のポテトサラダ」(500円)等、日本酒との相性抜群のメニューがずらりと揃っています。

店舗情報

■店舗名:まつもと ■最寄駅:河原町駅 ■住所:京都府京都市中京区中之町577 ■電話番号:075-256-5053 ■営業時間:昼 12:00~14:00/夜 16:00~23:00 ※通し営業の日は13:00開店 ■定休日:火曜日 ■参考URL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26022778/

7. 五(いつつ)

京都・大徳寺の門前にある「紫野和久傳 大徳寺店」。1階はお弁当や和煮等のおもたせの販売店、2階が和久傳プロデュースのそば料理店の「五」になっています。外観は、そば屋とは思えないスタイリッシュなデザイン。店内はカウンターとテーブル席があり、和と洋の融合したおしゃれな雰囲気です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ