全7巻から厳選!漫画「おとりよせ王子」に出てくるおすすめの24商品

みなさんは、「おとりよせ王子 飯田好実」という漫画をご存じですか?ただひたすら、主人公・飯田好実が全国の絶品商品をお取り寄せするという漫画なのですが、かなり話題となりました。今回は、王子が取り寄せたなかでも厳選した、24個の商品をご紹介!

2019年2月28日 更新

漫画内のTwitterアカウントをチェック!

「おとりよせ王子 飯田好実」のなかで、主人公である飯田好実は、お取り寄せをするたびに自身のTwitterでその感想を投稿しています。

所詮、漫画の中のアカウントでしょ?

いいえ、違います。実際のTwitterに、王子のアカウントがあるんです!
漫画とリンクしてお取り寄せ商品を紹介したり、漫画について呟いたユーザーに対してリプ(返事)をしたり。あなたも、もしかしたら王子とお話しできるかも!?

気になる方は、下記リンクに飛んでフォローしてみてくださいね▼
それでは、「おとりよせ王子 飯田好実」の実際のファンであるわたしが、全7巻のなかから悩みに悩んで厳選した24個のお取り寄せ商品を、ジャンル別にご紹介したいと思います!

1合2合をたいらげろ!ご飯のおとも編

1.但熊「たまごかけご飯のセット」(1巻)

まず一番はじめに紹介するべきは、やはりこの商品「但熊(たんくま)」の「たまごかけご飯のセット」でしょう!「おとりよせ王子 飯田好実」第1巻の、記念すべき最初のお取り寄せ商品です。

ただのたまごかけご飯と、侮ることなかれ。卵はもちろん、お米や醤油までセットで付いてきます。そう、この商品ひとつで、最高のたまごかけご飯を味わうことができるんです!

ぷるんと立体的な卵と、もっちもちのお米、そして定番の「たまごかけごはんしょうゆ」と、魚介の旨味がたっぷりと詰まった「かき醤油」の、2種類の醤油……。食べたら最後、これが真のたまごかけご飯なのだと、きっとあなたも思うことでしょう!

2.壱岐もの屋「島茶漬け」(1巻)

お茶漬けといえば、お手軽に食べることのできる、ひとり暮らしのための「ザ・給料日前メシ」といったところですが……「壱岐(いき)もの屋」の「島茶漬け」は、そんな簡単なものではありません。

いや、作り方は、ほかほかご飯の上に具材をのせてお湯を注ぐだけというお手軽さなのですが、その肝心の具材が超豪華!なんと、いかと鯛の漬けが具材なんです!!コリコリとした歯ごたえは、お刺身としてそのまま食べても通用するレベルなのに、あえての漬け。贅沢としか言えませんね。

また、トッピングとしてついてくる梅干しも、自家製というこだわりよう。それだけでもファンがいるという、手間暇かかった梅干しを味わいのアクセントにすれば、この「島茶漬け」は完成です!贅沢だからと遠慮せずに、ががっとかきこみましょう!

3.かむら「とうがらしおじゃこ」(2巻)

みなさん、おじゃこは好きですか?ふんわりとした柔らかい味わいが特徴的なご飯のおともですが、「かむら」で販売されている「とうがらしおじゃこ」は、名前の通り、唐辛子で炊かれているんです。

青唐辛子の風味を受け継いだ、真っ白なじゃこたち。わらわらと袋に詰められていますが、まずは1匹、いただいてみてください。指先よりも小さい1匹に、どれほどの風味と旨みが詰まっているか!!もはや、通常サイズの魚1尾分のソレです。

ふっくらと炊いたほかほかご飯の甘みと、おじゃこたちの今にも弾けそうなピリ辛風味は、まさに唯一無二の伝説コンビと言えるでしょう!
2 / 8

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

なつみかん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう