屋内だし、それに日本だし…!焼肉の英語名がちょっぴり複雑

いまや日本のみならず、世界中で人気の焼き肉。手軽な料金で食べられる店から、芸能人が訪れる様な高級店までさまざまなお店が増えています。そんな焼き肉の英語訳をご存じでしょうか。今回は焼き肉を始めとする日本料理の英語での伝え方をご紹介します。

2016年10月22日 更新

世界に広がる焼き肉人気!

リーズナブルな料金で食べられる格安ステーキや熟成肉など、ここ数年空前の肉ブームが続いています。

かつては「肉=太る」というイメージがあり、女性は敬遠しがちでしたが、赤身のお肉は健康や美容によいということが分かってからは女性の間でもすっかり好まれるようになりました。現在では「肉食女子」という言葉も定着しているほどです。

お肉をウリにする飲食店も続々と増え、今や女子会や合コンでも焼き肉をチョイスする人も増えているのだそう。「おひとり様焼き肉」というのもすっかり定着しましたよね。

そんな焼き肉は、どうやら日本のみならず、世界中で人気なのだそうです。ですが、焼き肉を英語でいったいどういうのでしょうか。また、焼き肉以外の日本を代表する料理はどうなのでしょうか。わかりやすくまとめてみました。

焼き肉を英語で言うと?

リーズナブルな料金でお腹いっぱい食べられるチェーン店系の焼き肉店から、A5ランクのお肉を取り扱う高級店まで、ひとくちに焼き肉屋と言っても幅が広いですよね。そんな焼き肉ですが、英語で伝えるときにはどう表現するのがもっとも正しいのでしょうか。

Grilled meat(グリルド ミート)

焼き肉の英語表記のひとつめが、Grilled meatです。直訳すると、グリルしたお肉ですが、この「Grilled meat」を焼き肉の英語訳ととらえる説もあるようです。

ですが、日本に比べてお庭でのバーベキューや、日々の食卓にお肉のグリルを出すことが多い欧米ではそのような料理と勘違いされる可能性もありますので、伝える際には少し注意が必要ですね。

Korean barbecue(コリアン バーベキュー)

焼き肉店に行くと、キムチや韓国のり、マッコリなどのメニューを見かけることが多いですよね。確かに、コリアンタウンとして有名な東京・新大久保にもたくさんの焼き肉店を見かけます。ですが、そもそも焼き肉は韓国発祥の食べ物なのでしょうか。

これに関しては諸説ありますが、古くは在日朝鮮人の方が、当時日本人があまり食さなかった捨てるもの=放るもん=ホルモンを食肉文化として開花させ、その食肉ルートを持つ強みから、焼き肉店を経営している方が多いのだそうです。

そのため、韓国発祥というわけではないですが、経営者の母国のものと言うことで韓国料理を取り扱う焼き肉屋が多いのだそうですよ。

焼き肉=「Korean barbecue」でも通じますが、「焼き肉の英語訳は?」と聞かれた際に、万人一致で「Korean barbecue」と答えるかと聞かれると、まだまだそれほど浸透はしていなさそうですね。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう