マズいのにハマる人続出⁉︎ 謎の調味料「ベジマイト」ってなんだ

「ベジマイト」をご存じですか?オーストラリアではポピュラーな調味料で、思わず吐き出したくなるような独特の味なのだとか。とはいえ、その摩訶不思議な味わいにハマる人も多いそうですよ!今回は「ベジマイト」の正体や食べ方についてご紹介します!

思わず吐き出す強烈な味!?

3つのベジマイト

Photo by Lipowski Milan / Shutterstock.com

オーストラリアやニュージーランドではお馴染みの「ベジマイト」。オーストラリアでは冗談半分に国民食といわれることもあるほどポピュラーなのに、ほかの地域ではめったに見られません。実はこのベジマイト、はじめて食べると思わず吐き出したくなるほど強烈な味なのだそう。ですが、その個性的な味が逆にクセになるとハマる人も結構いるんです。

オーストラリアやニュージーランド以外の人からは疎まれることの多い食品ですが、今回はベジマイトの魅力と、そのベジマイトを使ったおいしいレシピなどを紹介いたします。

ベジマイトとは?

ベジマイトとは、さまざまな野菜をイースト菌で発酵させたもので、その独特の塩辛い味とビール酵母のような香りが特徴の発酵食品です。見た目はチョコレートクリームのような黒いペーストで、独特の臭気を持つため、一般的には理解できない味とされています。

さらにこのベジマイト、アメリカでは輸入が禁止になっているんです。それほど危険な食品なのでしょうか?あの強烈な匂いが危ないからとか、あれを口にしたらマズすぎて気が狂うからとか、いろいろな憶測が飛び交いました。

気になる真相はというと、ベジマイトには葉酸が含まれていることが理由でした。実は、アメリカでは葉酸はパンとシリアルにしか添加してはならないんです。そのため輸入が禁止されているんですね。

驚愕の風味

オーストラリアのスーパーでは、ベジマイトはピーナツバターやジャムが置いてある場所に並んでいます。見た目がチョコレートペーストなので、間違えて食べてしまい大変なことになった、みたいなこともあるようですよ。

味は八丁味噌とアンチョビとチーズと醤油を足したような独特な塩辛さです。そして発酵臭がかなり強烈です。

ベジマイトの仲間?

ベジマイトと似たものに「マーマイト」があります。マーマイトはイギリスが発祥で、ビールを醸造したあとにでる酵母粕をそのまま食べていたのが元になっています。ビールを発酵させるには酵母が必要で、できあがったビール液の底には役目を終えた酵母が沈殿しています。その酵母の粕から作られたのがマーマイトなんです。

味はベジマイトもマーマイトも塩辛くて苦いのですが、マーマイトには砂糖が入っているので、ベジマイトよりも少し甘めです。色はベジマイトのほうが少し黒く、マーマイトのほうは少し茶褐色です。固さはベジマイトのほうがに少し固めで、香りはどちらも似ています。

ベジマイトにも他の種類が?

ほかにも「マイファーストベジマイト」や「チーズベジマイト」というものもあります。マイファーストベジマイトはお子さま用のベジマイトで、食塩50%カット、各種栄養を増強など普通のベジマイトとは成分が違います。

チーズベジマイトはチーズ入りでかなりマイルド。初めて食べるベジマイトとしては、マイファーストよりこちらの方がおすすめだそうです。

ベジマイトの食べ方

基本は、パンに塗ってトーストで食べるのがシンプルでいいですね。ここまで読んでいただいて、ベジマイトはマズい!と認識された方が圧倒的だと思いますが、たとえば日本の味噌や醤油をそのまま舐めて「あぁ、おいしい」という人はどれくらいいるでしょうか。ベジマイトも同じで、そのまま舐めたら「なんじゃこりゃ?」となるわけです。

というわけで、ベジマイトをパンに塗ってトーストにすれば、意外と日本人の口にも合うような味に仕上がるそうですよ。焼くことによって、香ばしい醤油の匂いと味そのものになるのだとか。これはもう、食べてみるしかないですね!

ベジマイトを使ったレシピ

1.ベジマイト漬けの豚丼

味噌や醤油のような風味を感じるベジマイトは、豚肉との相性も抜群!豚バラ肉やこま切れ肉にベジマイトやお砂糖で作った合わせ調味料を漬けて、玉ねぎやキャベツ、トマトなどの野菜と一緒に炒めます。ごはんの上に盛り付けて、丼ぶりにしたら完成!ベジマイトのコクと豚肉の旨みでごはんがすすみますよ。

2. ベジマイト納豆サンド

特集

SPECIAL CONTENTS