トマトは連作ができない

トマトは、連作には向いていない野菜です。家庭菜園でトマトを育てたら、翌年その場所では違う野菜を育てましょう。

トマト栽培に適した場所

日当たりや風通しがよく、雨が直接当たらないベランダや屋内で育てましょう。また、定植をした直後に最低気温10度以下が10日以上続くと、育ちが悪くなり、葉のふちや茎が紫色になってくる場合があります。その場合は、室内の日当たりの良い場所に移してあげましょう。

自家製トマトを試してみない?

この記事を読んで、あなたも家庭菜園でトマトを作ってみたくなったのではないでしょうか。自分でトマトを作れば、きっとスーパーで買ったものよりもおいしく感じるはずですよ!トマト嫌いなお子様でも、もしかしたら自分で作ったトマトなら、喜んで食べてくれるかも!? ぜひ、あなたの家のベランダで、トマトの栽培をしてみてくださいね。
▼作ったトマトの食べ方はこちら
▼大根やパセリも自宅で育てられます♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ