美白効果

山わさびに含まれるビタミンCは、シミのもとになるメラニン色素の生成を抑える効果があります。さらに色素沈着したメラニン色素を本来の色に戻す還元作用があり、美白効果が期待できます。また、ニキビの改善や疲労回復によるくすみの軽減などで美肌効果も期待でき、免疫力も高めます。

山わさびの食べ方

主な山わさびの食べ方は、ローストビーフやステーキなどの付け合わせです。手ですりおろすと目に染みる原因になるので、フードプロセッサーを使用するのも1つの方法です。 また葉も食べることができますが、金属で切ってしまうと変色してしまうの手でちぎってください。さらに水でキレイに洗い、金属ではないプラスチックのザルなどに入れ、熱湯をかけて粗熱が取れたら揉んで辛み成分を引き出します。山わさびの葉は醤油漬けが一般的で醤油をかけ冷蔵庫で1時間置いてさらに揉み、また冷蔵庫で3時間ほど寝かせると美味しく頂けます。

山わさびの保存方法

山わさびの保存方法は、乾燥しないよう保存袋に入れてしっかり締めます。冷蔵庫に入れて1ヶ月から2ヶ月ほど持ちます。

山わさびの人気レシピ

山わさびの定番レシピの中で人気なのは「山わさびの醤油漬け」、山わさびをドレッシングとしてかけて食べる「山わさびサラダ」、すった山わさびに味噌やみりんで味付けした「山わさびの味噌漬け」、こちらはあつあつごはんにピッタリです。 山わさびは葉まで食べれて捨てるところがありません。葉も醤油漬けにしたり、ピリッと美味しい酢漬けにしたり、天ぷらにして食べるのもオススメ。

山わさびの醤油漬け

作り方はとっも簡単!山わさび(200g)をすり、醤油大さじ6~7、酒大さじ2を混ぜ合わせたら完了です。ガラス容器に入れ落としラップで空気の出入りを止めて冷蔵庫で3時間ほど置きます。味が染みて美味しく食べられますよ。また、冷凍保存も可能です。

山わさびドレッシングサラダ

ピリッと美味しい山わさびは、ドレッシングにすると野菜の甘みが引き立ちます。カルパッチョやお魚をのせたサラダに良く合います。お好きなサラダにかけてみてください。 作り方はオリーブオイル大さじ3、醤油大さじ2、バルサミコ酢大さじ1、玉ねぎみじん切り中1/4、塩コショウ少々とすりおろした山わさび大さじ3を混ぜ合わせて完成。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ