山わさびの味噌漬け

あつあつのご飯にピッタリの山わさびの味噌漬け。山わさびをきれいに洗い皮を剥きます。フードプロセッサーで一気にすりおろすと刺激が目に染みません。山わさび2本に対し、味噌大さじ3、みりん小さじ1/2、砂糖適量を固さを見ながら調節して、混ぜ合わせたらできあがりです。

山わさびの葉のお浸し

山わさびの葉を美味しく食べるレシピは、やはり定番の醤油漬け。醤油は普通の醤油でも美味しいですが、東北で人気の万能つゆ「味どうらく」で味付けするのが北海道、東北地方で定番レシピです。 山わさびの葉をきれいに洗い、食べやすい大きさに切って熱湯をかけます。お好みですり切れなかった根の部分を入れても美味しいです。山わさび200gに対し味どうらく50ccで混ぜ合わせてできあがりです。

プランターで栽培してみよう

山わさびは生命力が強く、プランターでも育てることができます。植え付けに適した時期は春頃の3~5月頃。山わさびは縦に伸びるので、深めのプランターで水はけのよい腐葉土に植えます。種球が全て土に隠れるように植え、感覚は30センチほどあけましょう。植え付け1ヶ月で追肥して土寄せし、水やりをするだけ。かかる手間はそのくらいです。植えてからすぐは根が小さいため、翌年からいただきましょう。

おわりに

いかがでしたか?北海道、札幌名産の「山わさび」をスーパーなどで見かけたら、ぜひ購入してみてください。アツアツのご飯や美味しいお肉、お魚の付け合わせにピッタリ!色々なアレンジで楽しんでみてくださいね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS