3. ロック

タンカレーの味に慣れたら、オン・ザ・ロックを試してみてください。甘く風味のあるタンカレーは、ジンのなかでもこの飲み方に向いています。 ライムを搾り、グラスの中に落としてもいいですし、白ワインをひとさじ垂らしていただくのも、おしゃれな楽しみ方です。 アルコール度数の強いお酒なので、この飲み方をするときはチェイサーをお忘れなく。

4. ジン ソルベ

飲み方、というよりは食べ方ですが、こちらもおすすめ! まず、グレープフルーツ、砂糖、タンカレー、水を用意してください。鍋に水を入れて沸騰させたら、砂糖を入れてシロップを作りましょう。その間にグレープフルーツの果肉を取り出しておき、ミキサーにかけます。少し果肉の形が残るくらいでOK。 シロップとミキサーにかけたグレープフルーツの果肉を混ぜ合わせ、タンカレーを投入。冷凍用の容器に移して冷凍庫に入れ、2時間凍らせたてください。最後に、よくかき混ぜて、空気を含ませてから、冷蔵庫で一晩寝かしてできあがり。 度数の高いタンカレーのおかげでカチカチにはならず、適度な固さに仕上がります。まさに大人の味!という、アダルトな風味を堪能してください。

おわりに

いかがでしたか? タンカレー、飲んでみたくなったのではないでしょうか。ふだん安価なジンを割って飲んでいるという人は、ベースをこちらにするだけで、まさに別次元の風味を楽しめると思います。 世界各地にジンの蒸留所はありますが、定番といえるのはやはりこのお酒。クラフトジンが流行の兆しを見せている昨今、まずはタンカレーを試しておいて、より深いジンの世界へ足を踏み出していただきたいと思います!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS