大統領も愛したお酒「ワイルドターキー」。人々を魅了するバーボンで一杯いかが?

大統領も愛したお酒「ワイルドターキー(WILD TURKEY)」を知っていますか。ボトルに描かれた七面鳥が目印になっているバーボンウイスキーです。今回は、「ワイルドターキー」の歴史や特徴、おすすめの飲み方などをご紹介します。

「ワイルドターキー」とは?

「ワイルドターキー」とは、米国にあるオースティン・ニコルズという会社が作っているお酒。バーボン=ワイルドターキーと言われるくらい、お酒好きの間では定番のお酒なんですよ!

全てのボトルに七面鳥が描かれ、同商品を象徴するアイコンとなっています。価格は高いものから安いものまであり、コンビニでも購入可能です。

使用している穀物の割合などのレシピは明らかにされていませんが、主原料はトウモロコシ。ほかのウィスキーにはない独特のコクや香りが楽しめるのが特徴です。風味が強いということもあり、好き嫌いが分かれるお酒としても知られています。

ワイルドターキーの歴史

1855年創業のオースティン・ニコルズ社は、初めコーヒーや紅茶・酒などを販売していた卸売業者でしたが、禁酒法により食品を中心とした販売を始めるように。禁酒法が終わると食品事業からは撤退し、酒の販売に力を注ぎます。

ワイルドターキーという名前がついたのは、1940年。オースティン・ニコルズ社の社長が七面鳥の狩りで、仲間に自社のお酒を提供し、そのお酒がとても評判高く、一緒にいた仲間の一人が「ワイルドターキー」と名付けました。社長は、その個性的な名前をいたく気に入り、のちに自社のブランド名としました。

ファンを魅了するワイルドターキーのポリシー

蒸留と樽詰めについて

米国の法律で、バーボンの蒸留は80%以下、樽詰めは62%以下のアルコール度数にしなければいけないという決まりがありますが、ワイルドターキーは、60~65%で蒸留、54~55%のアルコール度数で樽詰めをしています。

これは、高いアルコール度数で蒸留をしたときの風味の損ないを、少しでも減らすための工夫です。いかに独自のフレーバーを大切にしているかがよくわかりますね。

加水量について

加水量もフレーバーにこだわった独自の方法をとっています。蒸留・樽詰めのアルコール度数を保っているので、ボトリング時の加水量を極限まで減らすことができるそう。こうすることで、熟成された豊潤な味わいをしっかりとボトルにキープすることが可能となります。

こだわりの15ケース

一般的にはひとつの樽から約20ケースのお酒が生成されますが、ワイルドターキーでは15ケースほど。アルコール度数を抑えた製造法をとっているため、ほかのお酒よりもコストがかさんでしまいます。

しかしながら、このこだわりこそがあのワイルドターキーの味わい深さを生んでいる秘密なのです。

ワイルドターキーの種類とアルコール度数

ワイルドターキー スタンダード/40度

「ワイルドターキー スタンダード/40度」(700ml・2,200円)は、やわらかい口当たりが特徴。アルコール度数は40度と抑えられていますが、バニラやカラメルといったワイルドターキー本来の味は健在。3種類の熟成された原酒が合わさった安定性のある逸品です。濃厚な味わいと爽快感のあるあと味がクセになりますよ。

ワイルドターキー 8年/50度

「ワイルドターキー 8年/50度」(700ml・2,900円)は、ブランド誕生から今まで変わらないレシピで作られている重厚な風味が堪能できるお酒。50度という非常に高いアルコール度数ですが、その味わいは絶妙。ひと口飲めば、コクのある甘さが口のなかに広がります。

ワイルドターキー 12年/50.5度

特集

SPECIAL CONTENTS