ローディング中

Loading...

大統領も愛したお酒「ワイルドターキー(WILD TURKEY)」を知っていますか。ボトルに描かれた七面鳥が目印になっているバーボンウイスキーです。今回は、「ワイルドターキー」の歴史や特徴、おすすめの飲み方などをご紹介します。

「ワイルドターキー」とは?

「ワイルドターキー(WILD TURKEY)」とは、米国のオースティン・ニコルズ社が製造している バーボン・ウイスキー。「バーボンといえば、ワイルドターキー」と言われるほど酒通の間では定番のお酒です。

全てのボトルに七面鳥が描かれ、同商品を象徴するアイコンとなっています。値段はピンからキリまであり、安いものならコンビニでも購入できます。

使用している穀物の割合などのレシピは明らかにされていませんが、主原料はトウモロコシ。ほかのウィスキーにはない独特のコクや香りが楽しめるのが特徴です。風味が強いということもあり、好き嫌いが分かれるお酒としても知られています。

ワイルドターキーの歴史

ワイルドターキーを販売しているオースティン・ニコルズ社は、1855年創業。初めはコーヒーや紅茶・酒などを販売していた卸売業者でしたが、禁酒法により食品を中心とした販売を始めるように。禁酒法が終わると食品事業からは撤退し、酒の販売に力を注ぎます。

ワイルドターキーという名前がついたのは、1940年。オースティン・ニコルズ社の社長が七面鳥の狩りで、仲間に自社のお酒を提供しました。そのお酒がとても好評で、仲間のひとりが七面鳥の狩りにちなんで「ワイルドターキー」と名付けたそうです。社長は、その個性的な名前をいたく気に入り、のちに自社のブランド名としました。

ファンを魅了するワイルドターキーのポリシー

蒸留と樽詰めについて

米国の法律で、バーボンの蒸留は80%以下、樽詰めは62%以下のアルコール度数にしなければいけないという決まりがありますが、ワイルドターキーは、60~65%で蒸留、54~55%のアルコール度数で樽詰めをしています。

これは、高いアルコール度数で蒸留をしたときの風味の損ないを、少しでも減らすための工夫です。いかに独自のフレーバーを大切にしているかがよくわかりますね。

加水量について

加水量もフレーバーにこだわった独自の方法をとっています。蒸留・樽詰めのアルコール度数を保っているので、ボトリング時の加水量を極限まで減らすことができるそう。こうすることで、熟成された豊潤な味わいをしっかりとボトルにキープすることが可能となります。

こだわりの15ケース

一般的にはひとつの樽から約20ケースのお酒が生成されますが、ワイルドターキーでは15ケースほど。アルコール度数を抑えた製造法をとっているため、ほかのお酒よりもコストがかさんでしまいます。

しかしながら、このこだわりこそがあのワイルドターキーの味わい深さを生んでいる秘密なのです。

ワイルドターキーの種類とアルコール度数

ワイルドターキー スタンダード/40度

「ワイルドターキー スタンダード/40度」(700ml・2,200円)は、やわらかい口当たりが特徴。アルコール度数は40度と抑えられていますが、バニラやカラメルといったワイルドターキー本来の味は健在。3種類の熟成された原酒が合わさった安定性のある逸品です。濃厚な味わいと爽快感のあるあと味がクセになりますよ。

ワイルドターキー 8年/50度

ワイルドターキーといえばこれをイメージするという方も多いと思います。「ワイルドターキー 8年/50度」(700ml・2,900円)は、ブランド誕生から今まで変わらないレシピで作られている重厚な風味が堪能できるお酒。50度という非常に高いアルコール度数ですが、その味わいは絶妙。ひと口飲めば、コクのある甘さが口のなかに広がります。

ワイルドターキー 12年/50.5度

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ほの甘くて香ばしい◎「きな粉パン」のレシピ15選

レシピ パン まとめ

きな粉を使ったパンはほのかな甘さと香ばしさで、年齢を問わず人気がありますね。今回は、きな粉を使ったパンの人気レシピをご紹介。手軽にできるトーストから、手ごねで作る本格パンまでバリエーション豊かなレシピを揃えま…

つるつるモチモチ!人気のきしめんレシピ19選【煮込み・汁なし・パスタ風】

レシピ ランチ まとめ

きしめんは、冷たく食べても温かく食べてもおいしく、その形状の食べやすさから地域を問わずに人気があります。和風だけの食べ方ではもったいない!今回は洋風でもおいしい「きしめん」の食べ方を含めたレシピをご紹介します。

ボリュームも味わいも◎「マカロニスープ」のレシピ【味付け別】15選

レシピ スープ まとめ

グラタンやサラダに使われることの多い「マカロニ」。今回は、マカロニを使ったスープのレシピに焦点を当ててご紹介したいと思います。コンソメを使ったやさしい味わいのものから、クリームスープといった濃厚なものまでさま…

おかずもサラダも絶品!捨てずに食べたい人参の葉レシピ10選

レシピ まとめ

葉っぱ付きの人参、どのように使っていますか?葉は捨てているという方、それはもったいないですよ!人参の葉は捨てないで活用することができます。無駄にせず、すみずみまで食べるために人参の葉を使ったおすすめレシピをご…

ほくほく「じゃがいもの味噌汁」のレシピ10選。どんな具材と合わせる?

じゃがいも まとめ

寒い日は、ほっこりしたい。そんなときにおすすめの食材が、体を温めてくれるじゃがいもです。どんな料理にも合いますが、今回おすすめするのは「味噌汁」。玉ねぎ、大根、わかめなど、いろいろな食材と組み合わせた簡単レシ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

三大どら焼き&有名店まで!東京にある「絶品どら焼き」の名店10選

スイーツ 和菓子 まとめ どら焼き 東京

どら焼きは東京が発祥の地。都内には感動で涙が止まらなくなるような、絶品のどら焼きを提供するお店がたくさんあるんです!ここでは、どら焼き好きなら絶対一度は食べておきたい、絶品どら焼きがあるお店を10店ご紹介しま…

和洋の名物がズラリ!奈良で買うべき人気お土産12選

奈良 お土産 スイーツ まとめ

奈良といえば鹿がたくさんいる公園や、大仏を思い浮かべる方も多いでしょう。しかし旅行に欠かせないのがお菓子などのお土産。到着してから迷ってしまった時用に、これを買っておけば間違いなし!というおすすめお菓子をまと…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ポイントは浸ける時間!トマトの「湯むき」の本当に正しいやり方

トマト

トマトの皮をむくのに苦労した経験はありませんか?むきたくても、ものによって皮が硬かったり柔らかかったりとできないことも多いですよね。しかし、トマトの皮をもっと簡単にむく方法をご紹介します。ぜひ、参考にしてくだ…

これぞ万能食品!沖縄名物「コンビーフハッシュ」のアレンジレシピ

沖縄 沖縄料理

コンビーフハッシュは沖縄でローカルな食材として知られています。沖縄以外ではほとんど販売されてないため、あまり認知されていませんが、コンビーフハッシュはいろいろな料理に活用できる万能食品です。今回は、おいしい活…

ブルーボトルコーヒーが中目黒にオープン!オープン記念イベントやグッズも見逃せない

コーヒー 中目黒

ブルーボトルコーヒー中目黒カフェがグランドオープン♩今回のオープンに際して、LA発のプレミアムデニムブランド「シチズンズ・オブ・ヒューマニティ」とのコラボも決定。数量限定アイテムもあるので見逃さないでください…

kkk_ooo

食べることが好きな20代。甘いスイーツが大好きです。 趣味は映画...

ページTOPに戻る