タンカレー オールドトム ジン

2014年に発売されたこのジンは、マラッカジンの好評を受け、タンカレーの創始者であるチャールズ・タンカレーが記したレシピブックに基づいて造られました。 その口当たりはなめらかで、タンカレーのほかのジンよりもややスウィートな味わい。10万本限定でボトリングされ、すべてのボトルにナンバーが入っています。

タンカレー ラングプール

タンカレーのなかでも人気の高い銘柄です。 通常のタンカレーにはない、ラングプール、ベイリーフ、ジンジャーが加えられていて、「タンカレー ロンドンドライジン」よりもライムのフローラルさ、ハーブとジンジャーの風味が強調されています。 かなり飲みやすく、ジンは苦手だという人もスムースに飲めるはず。また、マティーニにするとおいしいお酒としても知られています。

著名人とタンカレー

長い歴史をもつタンカレーには著名な愛飲者が大勢います。有名なところでは、アメリカの伝説的なジャズ歌手、フランク・シナトラ。シナトラはタンカレーとワイルド・ターキーを好んで飲んでいたそうで、後日、彼を敬愛するラジオのオーナー・バーテンダーがこのふたつのお酒を1:1で混ぜるカクテル、「フランシス・アルバート」を考案しました。 ちなみに、フランク・シナトラの本名はフランシス・アルバート・シナトラ。カクテルの名前がどこから取られたかは、明白ですね。

ナンバーテンとJFK

ジョン・F・ケネディ。アメリカの歴史の中で格別に大きな存在感を示していた大統領も、タンカレーを好んでいた人物のひとりです。 ジョン・F・ケネディが愛したものといえば、キューバの葉巻とタンカレー。彼のアイコンとされるアイテムと並び立つくらい、その寵愛は深いものだったといいます。 ケネディはもっぱらナンバーテンを飲んでいたそうで、最高品質のジンを選ぶあたり、さすが大統領というべきでしょうか。確かな情報ではありませんが、マティーニを好んで飲んでいた、という話があるようです。

タンカレーのおすすめの飲み方

1. ジントニック

材料は3つ。タンカレーとトニックウォーター、ライムです。 ライムをカットして、グラスに絞ります。大きめの氷をグラスの2/3程度入れ、氷の上へ向け、そっとタンカレーを注いでください。つぎに、トニックウォーターを同じように注ぎ、すぐにステア。最後にグラスの縁をライムでなで、グラスに落としたら完成です。 ほかのジンを使ったジントニックとは別格の香りと味わい!ジントニックというカクテルの真価を知るにはうってつけの1杯です。

2. マティーニ

用意すべき材料は、タンカレー ナンバーテン、ベルモット、オリーブの3つ。 シェイカーにタンカレー ナンバーテンと氷を入れ、ベルモットを注ぎます。次に、中身がしっかり混ざり合うよう20回ほどシェイク。ストレーナーを使ってマティーニグラスに注ぎ、オリーブを入れたらできあがりです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS