塩入り麦茶

特に夏の暑い盛りは、汗と一緒に体の塩分が失われやすいので、塩を入れた麦茶を飲むというのは理にかなっていますね。塩の量にもよりますが、麦茶の味はそれほど変わらず、ちょっと塩気がついたかな? というくらいに仕上がるはず。 ちなみに、塩入り麦茶を飲んでいた地域は、北海道の一部と、京都周辺に多いようです。

砂糖入り麦茶を試してみよう

麦茶+砂糖、試してみたくなったのではないでしょうか。甘いものを摂りすぎるのはおすすめできませんが、目的をもって飲むようにするなら、砂糖入りの麦茶を飲むメリットはたくさんあります。 麦茶の新たな魅力を発見する機会になるとも思いますので、ぜひ「麦茶+砂糖」や「麦茶+牛乳+砂糖」、「麦茶+塩」を試してみてくださいね!
▼なんちゃって麦茶にも挑戦してみない?
▼+フリスクですっきりドリンクに!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ