間食には塩味のものを!欧米で人気の新習慣「スイート・トゥ・セイボリー」とは

2016年のトレンドワードとしてピンタレストが発表した「スイート・トゥ・セイボリー」。間食に甘いものではなくしょっぱいものを選んで食べ過ぎを防ぐ方法として、欧米では注目されています。今回は、その方法や効果などをご紹介。

「スイート・トゥ・セイボリー」って知ってる?

世界中のライフスタイルアイデアをまとめるサイトPinterestが、2016年のトレンドワード予想で「スイート・トゥ・セイボリー(sweet to savory)」を発表しました。

いったい、どのような意味なのでしょうか?
今回は、そんな「スイート・トゥ・セイボリー」についてまとめてみたいと思います。

“セイボリー”って何?

“セイボリー(savory)”とは、食後や食間に食べる塩気のあるスナックのことを主にさします。つまり「スイート・トゥ・セイボリー」とは、「甘いものの代わりにしょっぱいものを食べる」ということです。
海外では今、塩味のクッキーなどがスーパーでもよく販売されているのだとか。

注目されているわけは?

セイボリーはクッキーのほかナッツ類やプレッツェルなども含みますが、基本的には塩味がきいているのが特徴。間食にセイボリーを食べると、その塩分が食欲を抑えてくれるということなんです。

「甘い物は別腹!」なんて日本でもよくいいますが、スイーツは食後でもつい食べ過ぎてしまうもの。そこで塩味のもの・セイボリーを口にすれば、食べ過ぎ予防になりダイエットにもつながるわけなんですね。

「スイーツ・トゥ・セイボリー」はいいことづくし!

セイボリーは甘くないので糖質の摂取を抑えることができ、塩味で満腹感を得やすく腹持ちもよくなるのです。特にナッツ類は良質な脂肪酸を豊富に含み、鉄分・カルシウム・ビタミンB群・ビタミンEなども持っているので体にいいことは間違いありません!

食べるタイミングも重要

体に良いとはいえセイボリーもお菓子ですから、むやみやたらに食べるわけにはいきません。1回に食べる分は100kcal程度と頭に入れておきましょう。

また、午前と午後に1回ずつ食べるようにします。間食は次の食事までの応急処置なので、絶対に食べなければいけないという決まりはありません。空腹でイライラすることがなかったら、食べなくてもいいわけです。
反対に「お腹が空いてたまらない!」というときは、セイボリーとともに水などの飲み物も飲んで満腹感を得るようにしましょう。

セイボリーにはこんなお菓子がおすすめ!

セイボリーに適しているのは、先ほど書きましたが、やはりナッツ類(マカデミアナッツ・くるみ)などを使ったお菓子。枝豆やグリーンピースもいいですね。あとは、いわゆる“おつまみ”と呼ばれるものがセイボリーにぴったり!

市販のお菓子はカロリーがパッケージに表示してありますので、どのお菓子がどのくらいのカロリーなのかをチェックし、知っておきましょう。思っていたよりカロリーが高かったり、その逆に意外とカロリーが低いお菓子もあるので確認してみてくださいね。
また、macaroniは以前からセイボリーについて、注目しており、マフィンやタルト、その他専門店のご紹介もしているので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

おわりに

間食は、我慢しようと思っても食べたくなるものです。なのでその欲求は抑えずに、塩分のあるものを少し食べてお腹を満足させようというのが「スイート・トゥ・セイボリー」。日本でも2016年この考え方が広まってくるかもしれませんね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう