「溶かしマシュマロ」が何かと使える!スイーツおすすめレシピのまとめ

マシュマロを溶かしてスイーツを作るとムースのような食感でとてもおいしいんだとか。コラーゲンも多くカロリーは低めなので、ダイエット中にもぴったりの食べ物なんです。マシュマロを溶かして使うレシピをご紹介しますね。

「溶かしマシュマロ」がおいしい!

マシュマロはそのまま食べてもふわふわしておいしいのですが、溶かして使うとムースのような食感で絶品なんだとか。またマシュマロはゼラチン質が多く、これはコラーゲンでできているんです。

マシュマロは肌に良く、ダイエット効果も!

マシュマロのゼラチンは90%以上が肌にいいコラーゲンで、10個食べれば1日あたり推奨されるコラーゲンの摂取量をクリアできるんです。脂肪燃焼効果もマシュマロには期待できるので、ダイエット中甘いものが食べたくなったらマシュマロを食べるといいでしょう。

なお効果をアップするためにはビタミンCを含む食べ物と一緒に食べるとGOOD。

では、皆さん工夫をこらした「溶かしマシュマロ」のレシピを投稿されていますので、いくつかご紹介しますね!

1、マシュマロフォンダンでクリームチーズケーキ

クリームチーズをハンドミキサーで混ぜ、グラニュー糖・生クリームも追加してさらに混ぜ合わせます。生クリームの残りは煮たててから火を止めてゼラチンを溶かし、クリームチーズの混合物と合わせて冷蔵庫で冷やして固めます。

マシュマロは電子レンジで溶かし、粉砂糖と混ぜてよくなじんだら冷蔵庫へ。30分寝かせます。食紅で色を付けて型抜きしクリームチーズのケーキの上にデコレーションしましょう。クリスマスバージョンで作っても楽しそう!

2、簡単!コーヒーゼリー

インスタントコーヒーをお湯で溶かして、マシュマロ9個ぐらい入れて溶かします。電子レンジで加熱しつつかき混ぜて溶かしたらゼリー用の器に移して粗熱がとれたところで冷蔵庫で冷やします。

本当に簡単にできちゃいますね!コーヒーフレッシュで顔を書いてもかわいい。

3、ミルクムースに入れてもOK

牛乳と生クリームは加熱して熱湯で溶かしたゼラチンを追加します。牛乳・生クリームがふつふつしてきたらマシュマロを入れ、ゴムベラなどで溶かして粗熱をとったらヨーグルトとみかんを入れ冷蔵庫で20分ほど冷やし固めます。

4、いちごレアチーズケーキ

土台は細かく砕いたクラッカー・メイプルシロップを混ぜ、型に入れて押しつぶします。土台を冷蔵庫で固めておく間に耐熱皿で牛乳とゼラチンを入れて混ぜ、レンジで加熱したマシュマロを追加し、完全に溶けるようにします。

それらをフードプロセッサーに豆腐・いちご・クリームチーズと一緒に入れて撹拌し、冷やした土台の上に流しいれ再度冷蔵庫に。1時間以上冷やせば完成!

5、クッキーサンドで!

特集

SPECIAL CONTENTS