家でも簡単!練乳を煮詰めると生キャラメルになると話題

なかなか作るのが難しい生キャラメルを簡単に作れる方法が、ネットで話題に。練乳(コンデンスミルク)の缶詰を、開けずに2時間そのままゆでるだけで、生キャラメルになるのだとか!さっそく方法を紹介します。是非お家で作ってみてください!

簡単に生キャラメルが作れる!?

花畑牧場を筆頭に、多くの支持を集めている「生キャラメル」。買うと結構高いってこともあり、きっと家で作りたいと思った人もいるでしょう。しかし、自分で作ってみると火加減がうまくできないで、失敗する人も少なくないようです。
Twitterを見てみると、「1回目の生キャラメルはザラザラの口当たりになって失敗」「クッキーは本当は生キャラメルサンドにしたかったんだけれども、失敗して断念した」「生キャラメル作ったら失敗した。もはやキャラメルでもなんでもないただの砂糖だった」など、うまくいかない様子もうかがえました。

練乳を煮詰めると生キャラメルに?

こんな失敗をしてしまう生キャラメルを簡単に作れる方法が、いま話題になっているようです。簡単にお家で生キャラメルクリームができると、多くの人が実践しているのが「練乳を煮詰める」というもの。練乳(コンデンスミルク)の缶詰を、開けずに二時間そのままゆでるだけで、生キャラメルになるのだとか!
用意するのは練乳だけでOKです。鍋に水を入れて、缶ごとゆでれば大丈夫。缶が完全にかぶるくらいのお湯で、2時間~2時間半を目安にしましょう。茹でる時間によって生キャラメルの状態や味わいも変わってくるのだそうです。容量によってかなり左右されるようなので、まずは2時間で作ってみるのがおすすめ。
ゆでる間もたまに練乳缶の向きを変えると均等に火が通るので、良い感じの仕上がりになります。ゆでたらお湯が冷めるまで放置しておきましょう。常温になるまで冷ましたら完成です。缶をあければ生キャラメルになっています。あとはパンにつけたりそのまま食べてもOK!
やってみて人の感想をみてみると「2時間だとキャラメル感があまり出ないので3時間半くらい煮込んでみました!成功です!」「超簡単にできるとてもおいしいキャラメルクリーム」「そのまま食べてもよし、パンに塗ってもよしの生キャラメルです」など、好評の様子がうかがえました。
この方法は練乳缶だけでなく、チューブのコンデンスミルク(練乳と同じ)でもできるようで、こちらも基本的には缶のレシピと同じです。2時間を目安にゆでれば簡単に生キャラメルの完成。容器のまま直接ゆでてOKなので、洗い物が増えずに簡単なのもいいところです。ただ、熱いまま練乳缶などを開けてしまうと火傷の危険があるので、しっかりと冷めてから開けるようにしましょう。
ネットを見てみると「できた生キャラメルを、クッキングシートの上に広げて冷蔵庫で冷やせばちょっと固めの生キャラメルにできます」「2時間だとキャラメルソースになるかも。長めに煮込むと缶の周りは少し固まって良い感じになります」など、さまざまな感想が見られました。
いかがでしょうか?もし今まで生キャラメルがうまく作れなかったという人がいればチャレンジする価値はありそうですね!ぜひ機会があればチャレンジしてみてください。

特集

SPECIAL CONTENTS