朝の定番のシリアルも?朝食にはあまり適さない食べ物のまとめ

朝ごはんは一日のスタートを切る意味でとても大切です。そして体内の血糖値をコントロールする意味でも重要なんですね。血糖値が急上昇してしまう食べ物や甘いお菓子・飲み物は摂らないほうがいいようですよ。具体的に海外ニュースの記事よりご紹介しますね。

ヘルシーな朝食で一日の始まりを!

一日の始まりに食べる朝食は、新陳代謝を良くするため、あなたにエネルギーをチャージするために非常に大切な食事ですよね。もちろん空腹を満たし、腹持ちもいいものでなくてはなりません。

でも、良かれと思って食べていたものが、生産的な一日の始まりにあまり適さないというケースもあるのだとか。諸説あるようですが、朝の食卓にのぼりがちな意外な食べものがNGなケースも…。

そこで今回は、海外の記事より朝食にオススメしない食べものを9つご紹介します。

1、フルーツジュース

フルーツジュースを飲むべきでない理由は何よりもまず「糖度の高さ」です。搾りたての新鮮なものであったとしても、天然の糖度の高さはかなりのものです。フルーツジュースを飲めば血糖値は急に上がってしまいます。もし飲む場合はオレンジなどフルーツ1個分を搾ってジュースにしてくださいね。それ以上は使わないように。

もっといい方法は水をコップ一杯飲み、オレンジを食べることです。

2、シリアル

小麦やとうもろこし、オーツ麦からつくられるシリアルは、一日中いつでもあなたの体にいいというものではないようですよ。それらは炭水化物であり、食べればよりお腹がすいてしまう可能性のあるグルテンが含まれているのです。また多くのシリアルには砂糖が入っているというのも問題です。

むしろナッツや種などを朝食には食べるべきなんですね。

3、ジャムを塗ったトースト

ジャムをたっぷりと塗ったトーストも朝に食べるべきではないとのこと。タンパク質をとりたいのなら、トーストに卵をのせてベーコンやソーセージなども一緒に食べるのであればOKです。炭水化物抜きのダイエットをする場合は、全粒粉のパン、あるいはココナッツやアーモンドの粉を使って作ったパンを食べるようにしましょう。

4、ドーナツとデニッシュパン

パンの中でも特に砂糖が多く使われたものは避けた方がベター。ドーナツやデニッシュパンは小麦粉で作られていてしかも甘いですよね?これらを食べれば血糖値の急な上昇はいなめず、通常の食事、ランチや夕飯でもあまり食べないほうがいいんですね。

血糖値の上昇だけでなく、食べると余計にお腹がへってしまうという困りものの食べ物でもあります。

5、朝食用のグラノーラバー・シリアルバー

仕事で忙しかったりで朝ごはんを抜きたい、あるいは急いで食べないといけない日もあるでしょう。そんなときのために朝食用のグラノーラバー(あるいはシリアルバー)が市販されているわけですが、しかしこの商品も砂糖が多く含まれているので実はよくない様子。

ですから自分で手作りしたバーでない限り食べないほうが賢明です。市販のグラノーラバーを食べるよりは、全粒粉のパンを数枚、砂糖の入っていないピーナッツバターをつけて食べるほうが健康的です。

6、加工した肉(ハム・ベーコン・ソーセージなど)

ハム・ベーコン・ソーセージ・サラミなどほとんどの加工肉には「硝酸塩」が含まれています。この化学物質は大腸がんのリスクを高めてしまう物質なのだそうです。(アメリカのがん研究協会の調査によります。)

加工肉を買う場合は「硝酸塩」が含まれていないか、ラベルをチェックしてできるだけ含まれていないものを買うのが賢い選択かも。

7、シロップをかけたパンケーキ

特集一覧

SPECIAL CONTENTS