本当においしい東京の立ち食いそばはここ!ライター厳選の名店まで

安い・早い=男性向き、そんな立ち食いそばのイメージはもう古いんです!この記事では関東の立ち食いそばのなかでもおいしいお店をご紹介します。あの有名人が絶賛したお店や、数多くの立ち食いそばを食べ歩いたライターセレクト店まで。ぜひ参考にしてみてくださいね。

2019年6月26日 更新

かけそば+半ライス

350円(税込)
やはり、シンプルイズベスト!「そばよし」を訪れて、まず最初に食べたいのは「かけそば」と「半ライス」です。かつお節問屋直営店とのことで、かつお節をたっぷりと使った風味豊かなつゆが大人気となっています。かつお節の旨みをストレートに感じられる「かけそば」は、これ以上ない贅沢料理に思えることでしょう。

ライスは"魔法の粉"でめしあがれ

「かけそば」と一緒に注文する「半ライス」は、そのまま食べるわけではありません。"魔法の粉"とも呼ばれる「粉かつお」を振ってからいただきます。これは名前のとおり粉状にしたかつお節なのですが、たったこれをかけるだけで、究極のおかかごはんに変身するのです!お好みで、しょうゆや生卵をトッピングしてめしあがれ。

店舗情報

ライターセレクト!おいしい東京の立ち食いそばはここ!

ここからは、都内のそば食べ歩きを数多く重ねてきた私がセレクトした、立ち食いそばのお店をご紹介したいと思います。どれも都内のお店なので、職場やお住まいが近い方は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

6. 山吹(やまぶき)

江戸川橋にある、隠れた名店「立喰いそば 山吹」。夜営業のないお店なので、遅めのランチで足を運ぶと、売り切れとなっているメニューもちらほら……。そのため、すこし早めに訪れることをおすすめします。早稲田のほうにも店舗があるので、お近くの店舗をどうぞ。

朝食セット

そばとカレー丼、コロッケがセットになっている「朝食セット」。これだけのボリュームで、なんと350円なんです!かなりコストパフォーマンスが良いですよね。お味もきちんと満足できるものなので、朝食をきちんと食べたい方は、ぜひ一度味わってみてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS