マツコも認めた!女性も行けちゃう立ち食いそばの名店まとめと番外編

人気テレビ番組『マツコの知らない世界』で取り上げられた立ち食いそばのお店をランキング形式でご紹介!男性が食べるイメージかもしれませんが、最近は女性でも入りやすいお店が増えています。番組で取り上げられていないおすすめ店も合わせてお伝えします。

「立ち食いそば」のイメージって……

どちらかというと、女性は入りづらい……男性がさっと食べて出るというような印象ではないでしょうか?しかし、ただ「安い、早い」というだけではなく、それぞれのお店ならではの個性があり、味のこだわりも各店違っていて、メニューも試行錯誤して日々開発されているのです。

今回は、人気テレビ番組『マツコの知らない世界』で取り上げられた、立ち食いそばの名店をまとめてみました。あわせて、macaroniがおすすめするお店もご紹介したいと思います。男性なら、知ってるお店ばかりかもしれませんね。あなたはいくつご存じですか?

1、富士そば

「名代 富士そば」は、知っている方が多いかも。2013年から海外進出も果たし、今では台湾やフィリピンにも店を構えているチェーン店です。アルコールを、そばやうどんなどと一緒に注文できるところも、魅力のひとつ。近年はイスを店内に設置するなどして、女性客やファミリーの利用も増えているそうですよ。

冷やしゆず鶏ほうれん草そば 450円(税込)

おすすめのメニューは、「冷やしゆず鶏ほうれん草そば」。ゆずの風味が口いっぱいに広がり、とてもさっぱりとした味わいが特徴です。鮮やかな彩りで、食べていて飽きることがありません。

また、番組内で紹介された「ミニ親子丼(300円 税込)」をセットでいただけば、心もおなかも満足すること間違いなしです!

質の高さが魅力

「富士そば」で使われているそばは、毎朝各店に直送される生そばを使用。茹でたあとに水でしめることで、食べ応え抜群のそばに仕上がるのです。

また、「富士そば」の隠れた看板メニューである「かつ丼(490円)」。特製のタレとふんわりした卵、噛み応えのある一枚肉のかつは、一度食べたら忘れられません!このお値段でこれほどのクオリティーをいただけるなんて、まさに夢のようですね。

2、ゆで太郎

「ゆで太郎」は、おいしいそばをできるだけ安く、気持ち良く、多くの人に食べてほしいとの想いを込めて創業されました。指定の製麺所で挽いてもらった粉を、毎日お店でそばにしています。妥協せず、「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」の“三たて”をこだわりとしています。

野菜天そば 500円(税込)

人気メニューの「野菜天そば」。れんこん、舞茸、春菊の天ぷらがセットになっているのですが、天ぷらが……大きい!器をはみ出るほどのビッグサイズです。しかも、揚げたてサクサクがうれしいですね。

天つゆはおかわり自由なので、たっぷりとおすきなだけつけて、豪快にめしあがれ。野菜ですが、とてもボリューミーで満足できること間違いなしです!

こだわりの“つゆ”

「ゆで太郎」は、そばはもちろん、つゆにもこだわっています。銚子にある老舗のしょうゆ店から仕入れたしょうゆと、厳選されたかつお節、流山のみりんで、上品な味わいに。どれだけいただいてもまったくくどくならない絶品つゆが、「ゆで太郎」のそばを支えているんですね。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS