ライター : Asaki

webライター

新玉ねぎを常温保存するのは間違い?

Photo by photo ac

春の味覚の代表格、新玉ねぎ。みずみずしくて甘みが強いので、いろんな料理で活躍してくれますよね。

しかし、新玉ねぎは通常の玉ねぎとは違い、保存方法に注意が必要なのだそう。SNSでは「知らなかった!」と注目が集まっています。
おすすめの記事はこちら▼

新玉ねぎは「野菜室」で保存するのがベスト

新玉ねぎの正しい保存方法についてSNSに投稿したのは、青髪のテツ|野菜のプロ(@tetsublogorg)さん。野菜の保存方法や、おいしい野菜の選び方などを日々Twitterで発信されています。

青髪のテツさんによると、新玉ねぎは野菜室で保管するのがベストなのだそう。「普通の玉ねぎは常温保存ができますが、新玉ねぎは常温で保存すると、すぐカビが生えて傷んでしまいます!」とのこと。

新玉ねぎは水分が多く含まれているので、通常の玉ねぎと同様に扱ってはいけないのかもしれませんね。少しでも長持ちさせるために、今後は野菜室で保管しましょう。

SNSでは「知らなかった」「土物類は全部常温だと思ってた」の声

新玉ねぎの保存方法に、SNSでは「知らなくて常温保存してました!」「普通の玉ねぎと保存の仕方に違いがあったんだ」など、反響の声が続々。

ほかにも、「じゃがいもやたまねぎなどの土物類は全部常温だと思ってました」といったコメントや、「常温保存して失敗したことがあるので、今は野菜室で保存してます」という体験談も寄せられていました。

やはり常温保存していた方が多いようですね……!

旬の新玉ねぎを正しく保存して無駄なく食べきろう

Photo by macaroni

誤解しがちな新玉ねぎの正しい保存方法。スーパーでは常温で売っている店が多いので、筆者もこれまで常温保存していましたが、これからは野菜室に入れようと思います!

せっかくの新玉ねぎですから、無駄なく食べきりたいですね。みなさんもぜひ参考にしてみてください♪
※本記事は@tetsublogorgさんのご協力のもと、株式会社トラストリッジが作成しています
おすすめの記事はこちら▼
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ