ライター : donguri

webライター

2022年はコンビニのカヌレが大ブーム!

Photo by macaroni

固めプリンやマリトッツォなど、トレンドスイーツを手軽に購入できるコンビニ。2022年は “第2次カヌレブーム” があり、コンビニからもさまざまなカヌレが販売されています。特に注目されているのが、従来のカヌレに個性を加えた「進化系カヌレ」。コンビニでも生クリーム入りのカヌレや、ケーキ風カヌレなどが購入できますよ。

本記事では、ローソン、セブン-イレブン、ファミリーマートで人気のカヌレを徹底比較!カヌレ好きの方はもちろん、コンビニスイーツ好きの方、トレンドスイーツを押さえておきたいという方もぜひチェックしてくださいね。

1. ローソン「濃密カヌレ」

Photo by muccinpurin

価格:160円(税込)
2022年9月に販売され、一時は売り切れ店が続出したローソンの「濃密カヌレ」。口コミでは「探したけどなかなか売ってない」「何軒か回ってやっと見つけられた」といった声も見られました。

原材料は、牛乳、ミックス粉、砂糖、卵黄、水あめ、ラム酒など。サイズは直径約4.5cm、高さ約4cmで、ちょっと甘いものが欲しいときに食べやすい大きさです。

Photo by macaroni

「濃密カヌレ」の最大の特長は、名前にあるように濃密なもっちり食感と風味を楽しめること。バニラの香りがしっかりとあり、小ぶりですがひとつでも満足感のある味わいです。

ラム酒はほんのりと香る程度なので、洋酒特有の風味が苦手な方でも食べやすいですよ♪

商品情報

商品名濃密カヌレ
価格160円(税込)
カロリー161kcal
原材料牛乳、ミックス粉、砂糖、卵黄、水あめ、ラム酒、全乱、ゼリー、ショートニング、バター、バニラシードなど
詳しいレビュー記事はこちら▼

2. セブン-イレブン「生食感カヌレ」

Photo by muccinpurin

価格:237.60円(税込)
セブン-イレブンの「生食感カヌレ」は、カヌレにホイップクリームを絞った話題の “進化系カヌレ”。SNSでは「セブンのカヌレがおいしくて自分でも作ってみた」といった声も見られましたよ。

材料には牛乳(国内製造)、砂糖、卵、米粉、クリーム、バター、小麦粉などを使用。カヌレの高さは約3cmで、クリーム部分まで含めると約4cmほどあります。

Photo by macaroni

パッケージを開けると、ふわふわのホイップクリームがかかったカヌレがお目見え。断面にほとんど空洞はなく、みっちりと生地が詰まっています。

セブン-イレブン「生食感カヌレ」のほかのカヌレと異なる点は、米粉を使っているのでかなりのもちもち食感が楽しめること。外側のカリッと感は控えめで、ホイップクリームのまろやかな味わいとやわらかなカヌレがバランスの良い味わいです。

商品情報

商品名生食感カヌレ
価格237.60円(税込)
カロリー170kcal
原材料牛乳(国内製造)、砂糖、卵、米粉、クリーム、バター、小麦粉、香料など
詳しいレビュー記事はこちら▼

3. ファミリーマート「生カヌレケーキ」

価格:158円(税込)
従来のカヌレとはまったく異なる、ドーナツのような形をしたファミリーマートの「生カヌレケーキ」。

中央にはクリームがたっぷりと入っています。直径約8cmと大きめですが、価格は税込158円とお手頃!SNSでは「ハマって毎日食べてる」「普通のカヌレより量が多くて満足感がある」といった声が見られましたよ♪

Photo by macaroni

ローソンやセブン-イレブンのカヌレと比べて、ファミマの「生カヌレケーキ」はカリカリ感がたっぷり!フォークが入りにくいほどしっかりと硬さがあるので、包丁でひと口サイズにカットして食べるのがおすすめですよ。

北海道産生クリームをブレンドしたホイップクリームは、ミルキーで濃厚な味わい。ボリューム満点なので、コーヒーや紅茶と一緒にゆったりとスイーツタイムを楽しめます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ