ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

売り切れ続出!ローソンの人気カヌレをレビュー

Photo by muccinpurin

価格:160円(税込)
2022年9月27日(火)、ローソンから新作スイーツ「濃密カヌレ」が発売されました。昨今大ブームとなりパティスリーのみならず、いまやスーパーやコンビニにも並ぶスイーツとなったカヌレ。外カリッ、中モチッ、ラム香る濃密なカヌレとなっています。

発売当日にローソンに向かうと、カヌレがあるはずのスイーツコーナーは空っぽ。どうやらアイドルとのコラボアイテムらしく、既に売り切れたのだそう。筆者は最寄りのローソンを巡ること5件目にしてやっと手に入れました。

Photo by muccinpurin

原材料は、牛乳、ミックス粉、砂糖、卵黄、水あめ、ラム酒、全乱、ゼリー、ショートニング、バター、バニラシードなど。山崎製パン株式会社が製造しています。

もっちり濃密。カリッと感は弱め…?

Photo by muccinpurin

直径約4.5cm、高さ約4cm。巷で見かけるカヌレよりやや小ぶりな感じですが、ずっしりとした重さを感じます。しっかりと焼き込まれや焦茶色と、バニラビーンズの香りがじつにおいしそうです。

バニラの香りと共に、バターの香りもふわり。筆者個人の感想ですが、これまで食べてきたカヌレの中で、いちばんバターの香りを強く感じましたよ。

Photo by muccinpurin

断面はこんな感じ。中身はごくごく一般的なカヌレと大差ありませんが、表面のカリッと感が物足りないような……。

カヌレといえば、カリカリ(むしろバリバリ)に焼かれた表面と、もっちりとした中身のコントラストが一番の魅力と言っても過言ではありませんが、ローソンの濃密カヌレは袋入りで販売されているせいか、カリカリ感はありませんでした。

カリカリのカヌレを食べたことがある人なら誰しもその差がわかりますが、初めてカヌレを食べる人には、わかりにくいかも知れません。公式サイトには「ふんわりラム酒が香る、カリッともっちりしたカヌレ」とあるので、多少個体差があるのかも……?

トースターでリベイクすると良いかも!

Photo by muccinpurin

カリカリ感がないのは残念ですが、しっかりと焼き込まれて香ばしい皮と、中身のもちもち具合は絶妙。バニラの香りがしっかりとしているせいか、リッチな味わいです。

ラム酒はカヌレのおいしさを決めるもうひとつの要素とされていますが、そこまで強くありませんでした。もう少しラムが効いていれば、よりおいしく感じたかもしれません。

今回は試せませんでしたが、オーブントースターなどでリベイクすれば、カリカリ感が復活するかも!もし試される際は、表面が焦げないようにアルミ箔で覆うなどしてくださいね。

もちもち好きにはたまらない。あなたのお好みは?

Photo by muccinpurin

カリカリ感こそ控えめですが、カヌレ独特のもちっと感が楽しめる「濃密カヌレ」。外カリッ中もちっのコントラストが楽しめないのは残念でしたが、もちもち好きにはたまらないはず。

パティスリー顔負けの本格カヌレが、コンビニで手軽に、しかも1個160円というお手頃価格で買える時代。これからのカヌレブームからもますます目が離せません。

商品情報

■商品名:濃密カヌレ
■内容量:1個
■価格:160円(税込)
■カロリー:1個あたり161kcal
■販売日:2022年9月27日(火)
■販売場所:全国のローソン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
おすすめの記事はこちら▼
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ