ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

これ知ってる?SNSで話題になったダイソーのキッチン便利グッズ

Photo by macaroni

便利でかわいいアイテムがそろう100円ショップの「ダイソー」。本記事では、SNSで注目を集めた人気キッチングッズをご紹介します!どれもプチプラなのに細かな工夫がいっぱい。思わず「欲しい!」と声が出てしまうようなアイテムがたくさんあるので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

1. 調理や保存がひとつでできる「シリコーン保存袋」

Photo by 満畑ペチカ

価格:220〜330円(税込)
入荷するとすぐに売り切れてしまうほど大人気の商品「シリコーン保存袋」。名前の通りシリコーンゴム製の保存袋です。使い捨てのチャック付きポリ袋とは異なり、洗うことで繰り返し使えるのが最大の魅力!サステナブルな暮らしが注目される今にぴったりな環境にやさしいアイテムです。

環境にやさしいだけでなく利便性の高さも抜群♪ 食材を入れて常温・冷蔵・冷凍保存できるのはもちろん、レンジやオーブンでも使用できるので、調理用袋としても活用できますよ。サイズは使い方に合わせて選びやすい340ml、680ml、1Lの3種類。価格は340mlと680mlが220円、1Lが330円(すべて税込)です。

Photo by 満畑ペチカ

本体の耐冷・耐熱温度は -30〜230度で、冷蔵・冷凍・電子レンジ・オーブンすべてに対応しています。そのため、たとえばシリコーン保存袋に食材と調味料を入れて電子レンジで加熱し、粗熱が取れたらそのまま冷蔵・冷凍保存なんてこともできちゃうんです♪

一台で何役もこなしてくれるので、洗い物が少なく済むのもうれしいポイント。また付属のロックバーを使えばしっかりと密閉できるため、煮物のような汁気があるものや、ソース、スープなども安心して入れられます。

口コミを見ると、小物入れとして活用している人も。充電器やイヤホンなど濡れると困る電子機器も、雨や水筒などの水滴から守ってくれます。

2. “ちょっとひと手間” を解消!「ペチャンコポンプ」

Photo by pomipomi

価格:220円(税込)
毎日のゴミ捨てやお風呂掃除など、“ちょっと手間” な家事ってたくさんありますよね。ペットボトルを潰す作業もそのひとつではないでしょうか?ダイソーの「ペチャンコポンプ」は、そんな “ちょっとした手間” をラクにしてくれるアイテム。空気を抜くことでペットボトルを圧縮し、コンパクトにまとめることができます

ちなみに発売当初は水色でしたが、2021年5月に灰色にリニューアル♪ キッチンに馴染みやすい落ち着いたカラーへと生まれ変わりました。

Photo by pomipomi

使用方法はとっても簡単!先端の吸い込み口をペットボトルに差し込み、レバーを前後に動かして空気を抜くだけです。写真は500mlのペットボトルですが、1Lや2Lなど、サイズや形状を問わずに使用できますよ。

SNSでは「名前の通りペットボトルがペチャンコになった!」「力いらずで1/4くらいのサイズになって便利」と高評価が多数。また「潰すのが爽快」「子どもが喜んでお手伝いしてくれる」と、潰す作業を楽しむコメントもみられました。

3. 使い方は自由自在!「アイスバッグ」

Photo by 2_ma_desu

価格:110円(税込)
インスタグラムやツイッター、ティックトックなどのSNSでバズった大人気商品「アイスバッグ」。水やジュースを入れて凍らせると、簡単にアイスキューブを作ることができるアイテムです。価格は110円(税込)で、1箱24枚入り。1枚で24個分の氷が作れます。

製氷皿よりスペースを取らずに冷凍できる点や、冷凍庫内のホコリ、匂いが付きにくい点が高ポイント。また使い捨てタイプなので、コーヒーやジュースのような色、においが付きやすいものにも気軽に使用できます。

Photo by 2_ma_desu

使い方はシンプルで、好きな飲み物を入れて凍らせるだけ。ハサミで使う分だけ切り取ったら、残りは再び冷凍できます。この商品がSNSでバズった理由は、とにかく使い道が幅広いから。水やジュース、お茶、お酒などの飲み物はもちろん、めんつゆやだし汁などの調味料も冷凍できます

たとえば牛乳に凍らせたコーヒーを入れれば、おしゃれなカフェオレのできあがり!オレンジジュースを凍らせて炭酸水に入れれば、あっという間にかわいらしい “映えドリンク” が作れます。そうめんやざるそばにめんつゆで作ったアイスキューブを使えば、時間が経っても味が薄まらないと大人気♪

製氷皿への色移りやにおい移りを気にする必要がないので、自由な発想で楽しめますよ。

4. コスパ抜群。「耐熱ガラス密閉容器」「耐熱ガラス食器」

Photo by hadu

価格:110~440円(税込)
整理収納アドバイザーの愛用者も多い、ダイソーの「耐熱ガラス密閉容器」「耐熱ガラス食器」。レンジ・オーブン・食洗器OKの耐熱ガラス製の保存容器です。この2商品の違いは、蓋のパッキンの有無。

「耐熱ガラス密閉容器」は蓋に青いパッキンが付いていて、密閉性が高いのが特徴です。サイズは310ml、530ml、800ml、1.1Lの4種類。「耐熱ガラス食器」はパッキンは付いておらず、サイズは310ml、500ml、800mlの3種類です。価格は同サイズの310mlで比較すると、パッキンなしタイプのほうが50円ほど安く購入できます。

Photo by hadu

ガラス製なので、食品のにおいが移りにくく、耐久性が高いのがうれしいポイント。また中身が見えるので、冷蔵庫で食材の管理がしやすいのも利点です。同じサイズならスタッキングしてすっきりと収納できますよ。レンジやオーブンに対応しているため、料理を作ってそのまま食卓に出し、余ったら蓋をして保存することも♪

これらのメリットはほかの耐熱ガラス製保存容器とほぼ同じですが、なんといっても500円以下のプチプラで購入できるのが最大の魅力です。310mlから1.1Lまでサイズ展開が幅広いので、ひとり暮らしの学生さんやお子さんのいる主婦など、いろいろな人から人気を集めています。

5. おかずやおつまみに大活躍!「味付けたまごメーカー」

Photo by ツマ

価格:110円(税込)
発売されてすぐSNSを中心に話題となり、売り切れ店が続出した「味付けたまごメーカー」。その名の通り、味付けたまごを作るためのアイテムです。味付けたまごはジップ付き保存袋や密閉容器でも作れますが、残った漬け汁を無駄にしてしまったり、途中でひっくり返さないと味にムラができてしまったりすることはありませんか?

こちらの商品は「少ない調味料で味付けできる」「調味料を入れておくだけでムラなく均等に味付けできる」のが魅力。また卵4個がぴったりと収まるコンパクトサイズなので、冷蔵庫内でスペースを取らないのも利点です。

Photo by ツマ

使い方は、容器にゆで卵をセットしたら、内側の線の部分まで調味料を入れます。あとは冷蔵庫で1時間ほど冷やせばできあがり♪ そのままおかずやおつまみにするのもよし、ラーメンにトッピングするのもよし。使い道が少ないようにも思いますが、おにぎりやサラダの具材、天ぷらなど、意外にもいろいろな楽しみ方ができますよ。

しょうゆ・砂糖・酒・みりんを使う基本の味付けはもちろん、白だしを使ったり、鶏ガラスープの素を入れたり、にんにくでパンチを効かせたりと、味付けにこだわってみるのもおすすめです!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ