ライター : ツマ

簡単おつまみクリエイター

田舎に住む2児のママ。家事、育児、仕事にと慌ただしい毎日を送る日々。そんな忙しいママでも、簡単に作れる簡単おつまみレシピを考えるのが得意。KALDIはネット通販で買うことが多い。…もっとみる

売り切れるほど人気なダイソーのアイスバッグ!

Photo by 2_ma_desu

SNSで話題になっているダイソーの「アイスバッグ」。液体を入れて凍らせると簡単にアイスキューブが作れる便利なアイテムなので、店舗によっては売り切れるほど大人気なんです。

とくに夏は冷蔵庫の製氷機だけだと心許ないことも。そんなときアイスバッグがあれば手軽に氷をストックしておくことができますよ。

この記事では、基本的な使い方や実際に使ってみたからわかるコツ、注意点をご紹介します!

ダイソー 「アイスバッグ」の使い方

Photo by 2_ma_desu

価格:110円(税込)
アイスバッグは、一般的なプラスチックの製氷皿ではなく袋タイプ。1箱24枚入りで価格は110円(税込)です。1枚のアイスバッグから24個のアイスキューブを作ることができます。

実際に作ってみた。上手に作るコツは?

Photo by 2_ma_desu

まず アイスバッグの口を広げ、アイスコーヒーを入れます。口はそこまで広くないため、同じくダイソーに売っている漏斗(ろうと)を使用するとこぼさずに入れられますよ。

また、容量は全体の9割以下にしましょう。満杯にすると横にしにくかったり、こぼれやすかったりして扱いにくくなります。

Photo by 2_ma_desu

本体を逆さにして、内部の逆流防止弁を閉じます。液体がこぼれるおそれもあるので、シンクでおこなうのがおすすめです。

Photo by 2_ma_desu

表面の水分を拭きとり、冷凍庫の平らな場所において凍らせます。このとき、アイスバッグを押すと中身がこぼれてしまうので、凍るまで上にものをおかないように注意しましょう。

ただ、一度凍ってしまえば移動OK。冷凍庫でかさばらないのがいいですね♪

Photo by 2_ma_desu

凍ったら、必要な分だけハサミで切り分けて使用します。まずは、一列分切ってそのあと一個ずつ切り分けるとアイスキューブが出しやすいですよ。

凍らせるドリンクによっては、液体がシャーベット状になり中身が少し漏れる場合もあるので、念のためお皿や作業台の上で切りましょう。

アイスキューブを使ったアイスカフェラテが完成!

Photo by 2_ma_desu

完成したアイスキューブを使って、アイスカフェラテを作ってみました。アイスバッグのおかげで、いつものカフェラテがおしゃれに変身!味が薄まることなく楽しめるのも嬉しいポイントです。

作りたいときに手軽にできるので、ちょっと余ったドリンクをアイスキューブにするのも良さそうですね。

どんなドリンクでもできるのか気になり、3種類のドリンクを使って作ってみました!

アレンジ自在。いろいろなドリンクがアイスキューブに♪

紅茶のアイスキューブでミルクティーを

Photo by 2_ma_desu

紅茶のアイスキューブでミルクティーを作ってみました。コーヒー同様、しっかりと凍りましたよ。市販の紅茶ドリンクではなく、紅茶から淹れる場合は濃いめに作るとよりおいしくなるのでおすすめです。

涼しげでおしゃれな見た目に大満足。来客があったときに出すのもいいですね。

子供も楽しめるジュースはシャリシャリ食感に

Photo by 2_ma_desu

100%果実発酵酒「美酢」でアイスキューブを作り、炭酸水に入れて飲んでみました。色がすごくきれいで見た目から楽しめます。

紅茶やコーヒーとは違い、シャリシャリ食感があり、シャーベットのようになりました。いつもより豪華なジュースになるので、子供も喜びそう♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ