テラス限定の特別フリーフロープラン

熟成肉、季節の野菜、本日の魚を盛りつけたプレート、サラダのセット
・シャンパン(モエ・エ・シャンドン)、白ワイン、赤ワイン フリーフロー 2時間制L.O. 30分前/9,000円(税・サ込)
・スパークリングワイン、白ワイン、赤ワイン フリーフロー 2時間L.O. 30分前/6,500円(税・サ込)

店舗概要

アンティキ・サポーリ / スーペルバッコ

Photo by china0515

2店舗並んでオープンしたのが、イタリア政府認定の南イタリア・プーリア州にある名店「Antichi Sapori(アンティキ・サポーリ)」と、北イタリア・ヴェネチアで400年続く人気スタイル “バーカロ” で本場の味を楽しむ「Superbacco(スーペルバッコ)」です。

こちらは2022年3月26日(土)にオープンしました。

Photo by china0515

入店すると目の前にスタンディングバーが。お店に入らなくても、ヴェネチア風にスタンディングでおつまみやワインを気軽に楽しめるようになっています。ショーケースの中の料理も魅力的。

2. アンティキ・サポーリ

Photo by china0515

イタリア政府が公認する数少ない国内店。南イタリア・プーリア州にある行列の絶えない名店の味を紀尾井町にて楽しめます。

本店で修行を積んだシェフたちが現地のレシピ通りに仕上げてくれるため、本場の味をしっかりと再現した料理を味わえますよ。

素敵なロケーションで楽しむ

Photo by china0515

窓が大きな店内は日の光がよく入り、明るく開放的。春の時期には満開の桜を楽しむことができますよ。

プーリア料理を堪能

Photo by china0515

日本人からすると、プーリア州、プーリア料理にはあまりなじみがない人も少なくないはず。プーリア州はブーツ型のイタリアでいうヒール部分に位置する州で、南イタリアの小さな村モンテグロッソにあります。

Photo by china0515

プーリア料理は前菜が次から次へと出てくるのが特徴で、野菜中心の前菜は約10種類もありますよ。青紫色の花を咲かせる「ムスカリ」の球根を使った前菜は、珍しいのはもちろん、シャキっとした食感がクセになります。
Photos:31枚
夜のバー
ベンジャミン ステーキハウス 東京ガーデンテラス紀尾井町のカウンターバー
ベンジャミン ステーキハウス 東京ガーデンテラス紀尾井町の個室
ベンジャミン ステーキハウス 東京ガーデンテラス紀尾井町のステーキイメージ
ベンジャミン ステーキハウス 東京ガーデンテラス紀尾井町のソース
ベンジャミン ステーキハウス 東京ガーデンテラス紀尾井町のテラス席
テラス席限定メニュー
東京ガーデンテラスのAntichi Sapori(アンティキ・サポーリ)とSuperbacco(スーペルバッコ)の外観
Antichi Sapori(アンティキ・サポーリ)とSuperbacco(スーペルバッコ)の入口内観
Antichi Sapori(アンティキ・サポーリ)の看板
Antichi Sapori(アンティキ・サポーリ)の内観
Antichi Sapori(アンティキ・サポーリ)の料理集合
Antichi Sapori(アンティキ・サポーリ)の前菜アップ
Antichi Sapori(アンティキ・サポーリ)の自家製オレッキエッテ 菜の花とカラスミのプーリア州郷土料理
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ