ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

星付きホテルのピスタチオスプレッド発見!

Photo by muccinpurin

株式会社ホテルオークラエンタープライズが販売する「ホテル オークラ ピスタチオスプレッド」。ピスタチオペーストを使ったなめらかで口どけのよいホイップタイプのスプレッドは、ピスタチオ特有の上品な香りと香ばしさが特徴です。

数々のピスタチオバター、ピスタチオスプレッドが発売されていますが、日本屈指のホテルとして名高いホテル オークラが手掛けるスプレッドはほかとどう違うのか、ピスタチオ好きがレビューします。

ホテルオークラ ピスタチオスプレッド

Photo by muccinpurin

価格:450円(税別)
ピスタチオブームに乗り、ちまたでは数々のピスタチオアイテムが発売され、ナッツ好き、ピスタチオ好きにとってはホクホクな時代。ピスタチオ好きの筆者も、macaroniで数々のピスタチオアイテムをレビューしてきました。

この記事でご紹介する「ホテル オークラ ピスタチオスプレッド」は、日本屈指のラグジュアリーホテルとして知られるホテルオークラのもの。ホテルオークラといえばホテルの御三家とも呼ばれ、5つ星も獲得する老舗ホテルです。

Photo by muccinpurin

原材料は、食用油脂(国内製造)(加工油脂、植物油脂)、糖類(砂糖、乳糖、ぶどう糖、粉末水あめ)、ピスタチオペーストなどなど。

1箱に140g入って税別450円、100gあたりのカロリーは674kcalです。

ホイップタイプで口どけなめらか

Photo by muccinpurin

ホテルオークラのピスタチオスプレッドは空気をたっぷりと含んだホイップタイプなので、口どけがなめらかなのが特徴。ピスタチオグリーンのスプレッドをバターナイフですくうと、スルッと軽くすくうことができますよ。

ピスタチオペーストは8%(原材料中)使用されているとのことで、ナッティで香ばしいピスタチオの香りがなんともおいしそうです。

濃厚でナッティな香りがぶわっ!

Photo by muccinpurin

焼きたてのトーストに塗ってみると、スッと溶けてあっという間にパンにしみこんでいきます。バターが溶けゆくごとにナッティな香りが漂い、おなかがぐぅ~~。ピスタチオペーストを使っているだけありかなり濃厚な味わいで、ひと口でダイレクトにおいしさが伝わってきますよ。

Photo by muccinpurin

濃厚な味わいながら、ホイップタイプだけあって口どけが軽く、何枚でも食べられてしまいそうなエアリー感。ピスタチオの上品な部分だけを集めたようなリッチな味わいで、一切飽きることがありません。こ、これが一流ホテルの味ですか!

ピスタチオをペースト状にした超濃厚なスプレッドも魅力的ですが、ほどよい空気を含み、ホイップされたピスタチオスプレッドは、口どけはもちろん味や塗りやすさも120点満点。使い心地まで含めてバランスのいいスプレッドでした。

ピスタチオ好きはチェックすべし!

Photo by muccinpurin

これまで数々のピスタチオスプレッド、ピスタチオバターを試してきましたが、「ホテルオークラ ピスタチオスプレッド」は、なめらかさ、濃厚さ、口どけどれをとっても星5つの大満足なスプレッドでした。さすが星付きホテル監修!

ひと塗りで幸福になれるピスタチオスプレッド、見かけたらぜひ手に取ってみてくださいね。

商品情報

■商品名:ホテル オークラ ピスタチオスプレッド
■内容量:140g
■価格:450円(税別)
■カロリー:100gあたり647kcal
■販売場所:全国のイオン、広島のイズミ、名古屋のユニーほか
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
おすすめの記事はこちら▼
Photos:7枚
ピスタチオスプレッドを塗ったパンとピスタチオスプレッドのパッケージ
ホテルオークラピスタチオスプレッドのパッケージ
ピスタチオスプレッドのパッケージ
バターナイフですくう様子
ピスタチオスプレッドを塗ったトースト
ピスタチオスプレッドを塗ったトーストを持ち上げる様子
ホテルオークラピスタチオスプレッドのパッケージ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ