ライター : china0515

フードアナリスト2級 / フードスペシャリスト

macaroni随一のスイーツマニア。365日コンビニアイスを食べ、新商品のチェックは欠かさない。休日はカフェ巡りに勤しみ、気になるスイーツがあればどこへでも飛んでいく生粋の甘党。

日本初の生ソフトフランスパン専門店が代官山にオープン

※画像はイメージです。
2021年12月14日(月)に日本初の生フランスパン専門店「生ソフトフランスパン『虹』ーNIJIー」が東京・代官山にオープンしました。

‟生ソフトフランスパン” とは聞き慣れないですよね。一体どんなフランスパンなのでしょうか。気になってしまったので、さっそく手に入れてきましたよ。この記事では気になる味わいをご紹介します♪

生ソフトフランスパン『虹』ーNIJIー

Photo by china0515

代官山駅から徒歩3分ほどにある「ソフトフランスパン『虹』ーNIJIー」。お店は海辺のサーフショップをイメージしており、パンダが生ソフトフランスパンを抱えている看板が目印です。虹のマスコットキャラクター「サーフパンダ」ですよ。

虹の生ソフトフランスパンは、私たちが知っている従来のフランスパンとは異なり、食べ心地や味、サイズにこだわった五感で楽しめるフランスパンです。その特徴は大きくわけて7つに分けられます。

1. 高級食パンの食べ心地
2. 味はしっかりとしたコクのあるフランスパン
3. 焼かずに「生」で愉しめる
4. 乳・たまご不使用
5. 60cmの大ボリューム
6. 毎日食べても飽きない
7. 毎日焼き立てを提供


店名の ‟虹” の名の通り、7つのこだわりからできたパンです。1週間毎日いろいろな楽しみ方ができることから、この店名にしたそう。

ずっしりと重量感がすごい…!生ソフトフランスパン

Photo by china0515

1本:1,100円(税込)
見てください、ほかでは見たことがないほどの、サイズ感ですよね。私もあまりの大きさにひと目見て驚きを隠せませんでした。全長60cmのフランスパン、圧巻です……!ずっしりとした重量。小麦の香りも漂い、食欲がそそられます。

Photo by china0515

半分にしてもこの大きさ!購入日から常温でそのままおいしく食べるには、2日で食べ切るのが良いとのことなので、一度に食べきれない場合は1枚ずつ切って冷凍保存がおすすめです。

解凍後はトーストすれば、焼き立てのふわふわ食感を味わえますよ。

そのまま食べても、圧倒的なふわふわ食感を堪能!

Photo by china0515

そのままで実食!たしかに、外側まで高級食パンのようにふわっふわ。エアリーでやわらかく、くちどけもいいですね。小麦の香りと、ほんのりとした甘みも広がります。これは止まらない……食べすぎ要注意ですよ!

トーストして外はサクッと中はもっちり♪

Photo by china0515

トーストしてみると外はサクッと軽やかで、中はもっちりとした食感を楽しめます。じゅわ~っとバターも溶け染み込んで、生ソフトフランスパンの甘みとバターの塩味のバランスが絶妙。贅沢なモーニングを楽しめますね。

アレンジも自由自在!

Photo by china0515

全長60cmとなると、いろんなアレンジができます。今回は少し厚めに切って真ん中に切り込みを入れてサンドイッチにしてみましたよ。

生ソフトフランスパンの風味もしっかりと楽しめるので、どんな具材を入れても合います。みなさんもぜひアレンジして楽しんでみてください♪
Photos:6枚
生ソフトフランスパン『虹』ーNIJIーの外観
生ソフトフランスパン『虹』ーNIJIー
生ソフトフランスパン『虹』ーNIJIーの生ソフトフランスパンの半分を持っているところ
カットした生ソフトフランスパン『虹』ーNIJIーの生ソフトフランスパン
生ソフトフランスパン『虹』ーNIJIーの生ソフトフランスパンにバターをのせたところ
生ソフトフランスパン『虹』ーNIJIーの生ソフトフランスパンのアレンジ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ