ライター : 恩K

コピーライター

広島県生まれ。東京ときどき瀬戸内暮らし。 国内外の旅先で行うのは「くいしん坊!バンザイ」。現地の料理や人との出会い、野生に還ることでおりてくるインスピレーション…。そんな成分を…もっとみる

【イートイン】代官山で堪能したい絶品スイーツ5選

1. アップルパイで大ブレイク「松之助ニューヨーク」

Photo by 恩K

代官山ヒルサイドテラスに入る「松之助N.Y.(ニューヨーク)東京・代官山店」。料理研究家の平野顕子さんが監修するパイやチーズケーキ、パンケーキなどが楽しめる人気店として、スイーツファンの聖地的な存在です。

お店に並ぶスイーツは、アメリカ東北部ニューイングランド地方で暮らした平野さんが現地で親しんだお菓子にルーツがあるものばかり。なかには「DEAN&DELUCA(ディーン・アンド・デルーカ)」に卸している商品もあります。

何を注文するのか迷うという方もご安心を。お店のスタッフがショーケースの前で丁寧に解説してくれますよ。

ビッグアップルパイ

Photo by 恩K

790円(税込)
自然光が気持ち良い店内でテイータイムを過ごす人が多い「松之助N.Y.」。おすすめの「ビッグアップルパイ」はその名の通り、ずっしりとしたアメリカンサイズです。

季節限定のこのパイは、酸味がエッセンスとなった紅玉りんごとしっとりサクサクのパイ生地が好相性。イートインでは温めてもらえるうえ、バニラアイスクリームが添えられて、絶妙な甘みが広がります。

なお、パイ特有のサクサクした生地を楽しみたい場合は常温(ショーケースから取り出した状態)がおすすめですよ。
店舗情報

2. 愛らしいケーキがずらり「ミニチュアガーデンカフェ」

Photo by 恩K

代官山駅から東京音楽大学方面に続く坂を下りきり、しばらく歩くとたどり着くのが「Miniature Garden Cafe(ミニチュアガーデンカフェ)」。隠れ家風の一軒家のお店は、1階がお菓子の工房、2階がショップ、3階がカフェになっています。

フランス・アルザス地方をイメージして作られたお店の看板商品は、アルザス地方の郷土菓子「クグロフ」。バターがたっぷり入ったブリオッシュ生地のお菓子は、プレーンとチョコレートがけの2種が用意されています。

お店には、クグロフをはじめとする焼き菓子、自家製の美しいケーキ、クラフトチョコレートなどがずらり。どれも自家焙煎のコーヒーとともに楽しめますよ。

タルト・ピスターシュ

Photo by 恩K

600円(税抜)
どのケーキも愛らしいのですが、筆者のおすすめは「タルト・ピスターシュ」。美しく絞り出されたピスタチオクリームの中には、酸味のあるベリーのコンフィチュールが包まれています。

「シュー・ア・ラ・クレーム」(税抜350円)は注文を受けてからカスタードクリームを詰めてもらえる逸品。代官山・中目黒の散策のおともにいかがでしょう。

スイーツは全品テイクアウト可能ですが、時間があればぜひ現地の雰囲気漂う3階のカフェへ。フランス・アルザス地方スフレンハイム村で作られた陶器がたくさん並んでいます。こぢんまりとした店内でスイーツをゆっくりと味わえられますよ。
店舗情報

3. チャイがパンナコッタに変身「スパイス&カフェ ファムファム」

Photo by 恩K

代官山から渋谷方面にのびる八幡通りから路地に入り、ビルの2階へ。代官山の開放的なカフェ「Spice&Cafe FamFam(スパイス&カフェ ファムファム)に足を踏み入れると想像以上の広さに驚くはず。

自然光の差し込むテラス席や、書斎のような席が並び、どの席に座ろうか目移りしてしまうでしょう。

チャップリン

Photo by 恩K

650円(税込)
ランチタイムの自家製カレーを目当てに訪れるお客さんが多いこのお店。実はオリジナリティを感じさせるデザートも人気なのです。

「チャップリン」は、チャイをパンナコッタにしたデザート。スパイシーなチャイに濃厚な生クリーム、ほろ苦いカラメルが加えられ、弾力のある食感がクセになります。コーヒーや紅茶、ラッシーからセットドリンクが選べる点もうれしいポイント。

また、適したりんごが入手できたときだけ作られる「焼き林檎」は、丸ごと焼き上げられたりんごをアイスクリームとともにいただくスペシャリテ。15時から数量限定で楽しめるので、タイミングがあえばぜひ食べてみてください。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ