ライター : macaroni 編集部レポート

macaroni 編集部の取材アカウントです。注目の新店舗やイベント・グルメフェスへ、macaroni 編集部員が足を運び、最新のレポートをお届けします。

毎年話題の「カクテルの祭典」が今年も開催中!

Photo by macaroni

今回で5回目となるカクテルの祭典「TOKYO COCKTAIL 7 DAYS 2021(東京カクテル7デイズ 2021)」。今年は2021年10月14日(木)〜11月13日(土)の間で開催中です。

2021年は過去最多の都内80店舗が参加、約37店舗が初参加とのこと。普段はなかなか入れないようなラグジュアリーホテルのバーもお手頃価格で楽しめるようで……。

さっそく、macaroni 編集部も魅惑のカクテル体験をしてきました!

「東京カクテル7デイズ」とは

Photo by 株式会社セロリ

「東京カクテル7デイズ」とは、“日本の素晴らしいクラフトカクテルとバーカルチャーを多くの人に広めたい” との想いから、バー&カクテルファン向けのサイト 「Drink Planet(ドリンク プラネット)」​がはじめたイベントです。

特製パスポートを購入して、カクテルをお得に楽しむ

Photo by 株式会社セロリ

イベントの開催期間中、参加店舗ではイベントのテーマに合わせて創作されたオリジナルカクテルを販売。

参加店舗にてカクテルパスポート(3,300円 税込)を購入すると、スペシャルカクテル1,000円分の無料クーポンがついてきます。また、オリジナルカクテルをスペシャル価格として、1杯1,100円(サービス料別)で味わえますよ。

カクテルパスポートは、全参加店舗のバーの特徴とデータが網羅されたガイドブックとしても活用できます。また参加型コンテンツとして、オンラインでカクテルセミナーを受講することもできますよ。

※お酒のイベントのため参加は20歳以上の方に限ります

今年は話題のラグジュアリーホテルも参加

Photo by 株式会社セロリ

今年の店舗ラインアップはなんとも豪華!2020年にオープンした「キンプトン新宿東京」や「東京エディション虎ノ門」、渋谷MIYASHITA PARK内の「sequence」など、話題のホテルが参加しています。

最近オープンしたばかりのレストラン、大手町のイタリアン「BRIANZA TOKYO」、渋谷のメキシカン「RUBIA」内のバーも加わり、バリエーションもより豊富になりました。

バーの聖地である西麻布・六本木や渋谷・恵比寿、新宿などに加えて、日本橋・八重洲、吉祥寺など、新たなエリアも加わりましたよ。

六本木「ザ・リッツ・カールトン東京 / ザ・バー」

本イベントを体験すべくmacaroni 編集部が訪れたのは、六本木の東京ミッドタウンにある「ザ・リッツ・カールトン東京」のメインバー。45階から望める壮観な景色と格式高いバーカウンター、美しいピアノの旋律……どこを切り取ってもラグジュアリーな雰囲気が漂います。

Photo by macaroni

今年のカクテルテーマは「Time To Refresh!!(タイムトゥーリフレッシュ)」。各バーごとに、種類のことなる4カクテルが販売されています。

同ホテルでいただけるのは、I.Vパンチ、ボストンティー、ローズセント、江戸コーク。

Photo by macaroni

バーを存分に楽しみたいなら、おすすめはカウンター席。見事なシェイクにはじまり、あらゆる素材を調合する姿。美しい景色を背景にバーテンダーさんが流れるような身のこなしでカクテルを作る姿を眺めることができます。

うっとりと見つめている間に出来上がったのは……。

ローズセント

Photo by macaroni

カクテルパスポート価格:1杯 1,100円(サービス料別)
筆者がセレクトしたのはローズセント。スコットランドのジン「ヘンドリックス」をベースに、ローズヒップとローズコーディアル、レモンジュース、クランベリーをもちいたカクテルです。目を楽しませる美しい盛りつけ、甘酸っぱい風味が乙女心をくすぐります……。

仕上げに燻されたローズマリーの香りがグラス内に充満して、飲むたびに胸がときめきました。スゥーと小さく深呼吸しながら、ゆっくりとたしなみたくなる一杯ですね。
Photos:13枚
2種類のカクテル
東京カクテル7デイズ 2021の画像
数種類のカクテル
イベントに参加するバーの店内画像
リッツカールトンの内観
カクテルを注いでいる
盛りつけをしている
ピンクのカクテル
ティーカップに入ったカクテル
エディションの内観
新緑サワー
ふわっとしたナッツ
緑色のカクテル
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ