ライター : macaroni 編集部 井上

トレンド担当ディレクター

福島県出身、甘いものと白米が大好物の食いしん坊。インテリア雑貨や陶器が大好きでひと目惚れしたものはすぐに買ってしまう。カレー好きが高じて、レトルトカレーの連載をスタート。話…もっとみる

不定期更新!一条もんこさんが推すレトルトカレー

Photo by macaroni

2021年7月6日よりスタート、計19回の更新を続けてきたレトルトカレー連載がパワーアップ!これまでは、macaroni 編集部のトレンドメンバー井上が商品をセレクト。話題の新商品や気になるご当地カレーを中心にご紹介してきました。

本記事からは、スパイス料理研究家の一条もんこさんに監修をしていただきます。過去に4,000食以上のレトルトカレーを食し、自身もオリジナルのレトルトカレー発売する彼女が推す商品とは……!

Photo by macaroni

スパイス料理研究家 / 一条もんこさん
4,000食のレトルトカレーを食した、正真正銘のレトルトカレーマニア。イベント、メディア多数出演。スパイスとカレーの料理教室「Spice Life」をはじめ、著書『おうちで楽しむスパイス料理とカレー』(池田書店出版)、講演会やイベントでも大活躍。自作レトルトカレー『あしたのカレー』は10万食の大ヒット!

記念すべき第一弾は「ボンカレー ゴールド 中辛」

Photo by macaroni

参考価格:150円(税込)/159kcal
一条もんこさんに教えていただく、おすすめの商品第一弾は、みなさんお馴染み「ボンカレー ゴールド 中辛」。意外にも王道のレトルトカレーですが、だからこそ推したい理由があるのかもしれませんね。

大塚食品のロングセラー商品で、レトルトカレーの永遠のスタンダードともいわれ、まろやかな味が特徴です。具材は国産のじゃがいも、たまねぎ、にんじんなど、定番の野菜が使用されています。

レトルトカレーマニアのおすすめポイント!

「買い置きやまとめ買いに一押しの定番商品。そのまま食べてももちろんおいしいですが、馴染みのある味だからこそ、アレンジに向いているのが良いところです!酸味のあるレモンや梅干しを少し混ぜるとキリッと爽やかな味変になり、卵と麺つゆでとじてカレー卵丼にするのもおすすめですよ」

保存料と合成着色料不使用!ストックしたい昔ながらのレトルトカレー

Photo by macaroni

保存料と合成着色料は不使用なので、小さい子どもからお年寄りの方にもおすすめのレトルトカレー。お皿を使わずに加熱できるのも嬉しいポイントです。

あめ色になるまで炒めたたまねぎの深い味をベースに、ビーフのコクと旨みが溶け込んだ、老若男女に好まれる味わい。パッケージを見るだけでも懐かしい気持ちになりますよね。

そうこの味、旨みたっぷりの甘さにほっこり

Photo by macaroni

久しぶりに食べるので、ドキドキしながらさっそくひとくち……そうそうこの味!ほっこりと気持ちまで癒されますね。筆者は辛いもの好きなのですが、ボンカレーならではの旨みたっぷりな甘さには、毎回うっとりしてしまいます。

具材は小さめサイズでありながら、量はたっぷりと入っているので満足度は高め。食べやすいやわらかさで、まろやかな味に馴染んでいますよ。

レモン追加でさらにおいしく変化!

もんこさんおすすめのレモン果汁を加えてみると、マイルドな味に柑橘の風味が加わり、爽やかな味に変化しました!ボンカレーは刺激が強くないので、さまざまなアレンジを楽しめるのも嬉しいですね♪
Photos:6枚
カレーライスとレトルトカレーのパッケージと顔写真
青いエプロンをした女性
ボンカレーゴールド中辛のパッケージ
カレーライスとボンカレーのパッケージ
カレーをすくっているスプーン
ボンカレーのパッケージとカレーライス
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ