ライター : 吉田鹿

編集者・ライター・WEBディレクター

約20万人以上の会員を抱える飲食店関連WEBサイトの編集者。 都内で話題の飲食店やおでかけスポットに出没します。 普段は映画、音楽、スイーツ、小説、深夜ラジオ、芸人、散歩好きの人…もっとみる

【たまごサンド】銀座のおすすめサンドイッチ2選

1. 銀座で40年以上愛される名喫茶「みやざわ」

Photo by 吉田鹿

新橋駅 3番出口から徒歩3分。銀座8丁目の路地にひっそりと佇む「みやざわ」は、銀座エリアでも特に人気の高い老舗喫茶店です。

その控えめな佇まいとは裏腹に、提供しているサンドイッチの味は紛れもなく本物!テレビや雑誌などのメディアにも度々取り上げられている名店です。深夜4時まで営業しているのも銀座ならではの魅力。

たまごサンド

Photo by 吉田鹿

900円(税込)
サンドイッチだけでも12種類、ほかにもナポリタンやピラフなど喫茶メニューが充実している「みやざわ」ですが、何と言ってもおすすめしたいのが「たまごサンド」です。

“THE・たまごサンド”というような、シンプルな見た目ですが、ひと口頬張ればやみつきになること間違いなし!固ゆでされた卵の白身の食感、黄身の旨味、少ししっかり目の塩加減が完璧にマッチして味覚を翻弄してきます……。

サンドイッチはテイクアウト可能ですが、16時からと時間が決まっているのでご注意を。
店舗情報

2. レトロ喫茶でオムレツサンドはいかが?「喫茶ユー」

Photo by 吉田鹿

お次に紹介するお店も銀座の老舗喫茶店。その名も「喫茶YOU(ユー)」。平日でも行列ができる大人気店です。行列の理由は、レトロな店内装飾とまるで絵に描いたようなかわいい見た目の「オムライス」。

店内のどこを見回してもフォトジェニックな空間が広がっているので、コーヒー一杯だけでも心が満たされますよ。

営業時間が16時までと少し短めなので、時間に余裕を持って向かうのがおすすめです。

オムレツサンド

Photo by 吉田鹿

800円(税込)
一番人気の「オムライス」と肩を並べるのが、ふわふわのオムレツを薄切りの食パンでサンドした「オムレツサンド」です。

“飲めるサンドイッチ”とはこのこと。歯を立てずに食べられるやわらか食感が、感動的な味わいです。焼いたパンがお好きな方はトーストサンドにも変更可能ですよ。
店舗情報

【カツサンド】銀座のおすすめサンドイッチ3選

3. ヘレカツサンド一本勝負の名店「新世界グリル 梵(ぼん) 銀座店」

Photo by 吉田鹿

東銀座駅から徒歩5分の場所にあるのが「新世界グリル 梵 銀座店」。銀座のカツサンドの代表格です。

歌舞伎座の近くということもあって、歌舞伎役者も御用達の同店。なんとフードメニューはビーフヘレカツサンドのみなんです。手土産としても人気が高いので、テイクアウトもおすすめですよ。

ビーフヘレカツサンド

Photo by 吉田鹿

一人前 2,200円(税込)、ハーフ 1,100円(税込) ※写真はハーフサイズ
「新世界グリル 梵 銀座店」唯一のフードメニュー「ビーフヘレカツサンド」は、一人前とハーフから選択可能。ひとりであればハーフサイズでも大満足のサイズ感です。

70年間継ぎ足された特性ソースと肉厚のヘレカツ、歯切れの良い食パンが合わされば、おいしくないわけがないっ!

11〜15時の間はランチメニューとして、同じ値段でサラダとドリンクがセットになっているので、イートインが特におすすめです。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ