ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

コストコ商品だけで「マリトッツォ」を作ってみた!

Photo by akiharahetta

世は空前のマリトッツォブーム!クリームを挟んだイタリアの菓子パンで、インパクトの強い見た目が人気の秘密です。パン業界は、久々のヒット商品に沸いているんだそうですよ。

最近はカフェでも提供されていますが、「近くに店がない」「買うのもいいけど、一度は作ってみたい」という人も多いのでは? そこで、コストコマニアでもある筆者は、コストコの商品だけでマリトッツォ作りに挑戦してみました!

一度にたっぷり作れて簡単、おうちでマリトッツォパーティーを楽しめますよ。

36個分で二千円以下!使った材料は…

Photo by akiharahetta

さっそく倉庫店に車を走らせ、材料をゲットしてきました。メインとなるパンは36個入りの「ディナーロール」(458円)をチョイス。クリームは「イズニー スプレーホイップクリーム 500g」(618円)に「アテナ ギリシャ ヨーグルト」(880円)を混ぜようと思います。

これらの材料を合わせても1,956円なので、36個ものマリトッツォをぴったり二千円以下で作れますよ。

トッピング用にいちごとピスタチオを少々使いますが、少しだけなので計算に含んでいません。今回はコストコの「ドリスコール ストロベリー」(1,598円)、ピスタチオは「カークランドシグネチャー ピスタチオ」(2,598円)を使いました。

残った分はほかの料理に使うか、もしくは胃袋の中へ……。

※価格はすべて税込みです

関連記事はこちら▼

コストコマニア流、マリトッツォの作り方

Photo by akiharahetta

作り方はごくごく簡単!パンをカットしてクリームを挟むだけです。大枠としてはそれだけなのですが、きれいに作るコツや材料であるコストコ商品の特徴をお伝えします。

1. パンをカットする

Photo by akiharahetta

まずはディナーロールに切れ目を入れます。ここでのポイントは、パンに対してナイフを斜めに入れること。真横にカットするより、クリームを入れたとき、きれいな見た目になります。

2. ヨーグルト追加がポイント!クリームを作る

Photo by akiharahetta

続いてクリーム作りです。ボウルにギリシャヨーグルトを入れ、ホイップクリームを加えて混ぜ合わせます。お好みで砂糖を加えてくださいね。

「イズニー スプレーホイップクリーム 500g」は、脂肪分が29%のやわらかいクリーム。マリトッツォにするには少々硬さが足りません。水切りヨーグルトで固形分を足しましょう。

3. クリームを挟んで、きれいに整える

Photo by akiharahetta

パレットナイフやゴムベラを使い、パンの切れ目にクリームを塗っていきます。ギリシャヨーグルトで硬さを足したとはいえ、脂肪分の高い生クリームと比べると緩め。欲張ってたくさん塗ると、流れ出してしまいます。ほどよい量を心がけてくださいね。

Photo by akiharahetta

はみ出たクリームは、きれいに拭きとりましょう。濡らしたキッチンペーパーか、硬く絞ったふきんを使うとうまくいきますよ。そんなに気にならない、時間がない、めんどくさいなんて場合は、そのままでもOKです。
Photos:12枚
3種類のマリトッツォがテーブルに並んでいる様子
コストコのパンやいちごなどが置かれている様子
丸い皿にのった7個のマリトッツォ
コストコのディナーロールをナイフで切っている様子
ボウルに入った水切りヨーグルトとクリームを混ぜている様子
パンの切れ目にクリームを挟んでいるところ
マリトッツォのクリームをキッチンペーパーで拭いている様子
マリトッツォに茶こしで粉砂糖を振りかけている様子
まな板にのったいちごとナイフ
皿にのったいちごのマリトッツォ
マリトッツォののった皿を手で持っているところ
大皿にのった3種類のマリトッツォ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ