ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

カークランドシグネチャーの「ピスタチオ」が新しくなった!

Photo by akiharahetta

人気すぎて入手困難なKIRKLANDSIGNATURE(カークランドシグネチャー)の「ピスタチオ」。2021年4月ついに再登場しました!思わず「待ってたよ」とつぶやいてしまいたくなるほど、ファンも歓喜するアイテムなんです。

コストコマニアである筆者がさっそく入手してきました。特徴やおすすめの食べ方、保存方法などをご紹介します!

まずは中身を確認

Photo by akiharahetta

まずは、開封して中身をチェック。袋を傾けると、中から大粒のピスタチオがゴロゴロと出てきました。殻は薄くしっかりと実が詰まっています。

ほかで見かける殻付きピスタチオは、実が硬くやせ細っていることもしばしば。コストコのものは、ふっくらしていますよ。さすがは高品質!

どのくらいの重さ?

Photo by akiharahetta

続いて容量を見てみましょう。カークランドシグネチャーのピスタチオは、48オンス、グラムに換算すると1.36kg。少し大げさな表現をすると、抱えて持つくらいのビッグサイズです。

食べる手が止まらない!やみつきになるおいしさ

Photo by akiharahetta

肝心の味わいはどうでしょうか?細かい塩の粒子をまとったピスタチオの殻を割り、実食してみます。

軽めの味わいで食べやすいというのが最初の印象。2つ3つと食べ進めていくと、しだいに手が止まらなくなります。気づくと器が空っぽになっていてびっくり!

Photo by akiharahetta

あればあるだけ食べてしまう危険なおいしさで、大容量なのに一週間ほどで食べきりそう……!それほど魅力的な味わいなんです。

殻のむきやすさも食べる速度を早める要因のひとつ。サクサクむいて食べられちゃうんですから。

砕いてクラッシュピスタチオにも

Photo by akiharahetta

そのまま食べても充分おいしいですが、クラッシュピスタチオにするのもおすすめ。砕くことにより風味や香りが増しますよ。丸のままいただくよりやわらかい舌触りになるので、まろやかさを感じることもできます。

トーストやヨーグルトにのせて食べてみてはいかがでしょうか。

正しい保存方法

Photo by akiharahetta

残念ながら本品の袋に密封機能はついていません。ナッツは湿気に弱い食べ物。クリップを使って袋の開け口をしっかり閉じて保存しましょう。もしくは、ジップ付き袋に移し替えて、おいしさをキープしてくださいね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ