ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

おうちで焼き鳥を焼こう!

Photo by akiharahetta

おつまみの代表選手ともいうべき焼き鳥。タレで食べても塩でもおいしいですよね。お店に行ったり、テイクアウト、スーパーで購入もできますが、自分で作れたらもっと楽しいと思いませんか?

ぴったりな商品がコストコにあるんですよ。しかもコスパ最高!どんな商品なのかマニアが詳しくお伝えいたします。

コストコの「さくらどり焼鳥用もも肉串」

Photo by akiharahetta

1,798円(税込)
おうち焼き鳥におすすめなのがこちら!コストコの「さくらどり焼鳥用もも肉串」です。あらかじめ串に刺したさくらどりのもも肉で、手間なく焼き鳥が作れてしまう便利商品。

未加熱、未調理の冷凍品で、売り場は冷凍食品コーナーになります。MEAT(ミート)と書かれた肉売り場ではないので、入手の際はご注意くださいね。

気になる中身を確認

Photo by akiharahetta

さっそく開封してみましょう。段ボール箱を開けると、青いシートに包まれた冷凍焼き鳥が出てきました。いかにもプロユースの業務用という感じですが、その分コストは抑えめ。

ひと箱に30本入って1,798円(税込)。1本あたりなんと約60円なんです。

Photo by akiharahetta

取り出してみると、ちょっと小ぶりかなという印象。解凍ムラがなさそうですし、串の部分が長く持ちやすそう。なにより、すぐに調理できるのでとても便利。一番手間となるのが串刺し作業なしに、おうちで焼き鳥が食べられるなんて嬉しい限りですよね。

おすすめの解凍方法

Photo by akiharahetta

焼く前には、しっかり解凍をしましょう。冷蔵庫で低温解凍するのが一番のおすすめですが、時間がないときや、すぐに食べたいときは、電子レンジでの解凍も可能です。

ポイントは交互に並べること。画像のように耐熱皿に冷凍焼き鳥を並べ、ラップなしで数分加熱すれば、ムラなく解凍できますよ。解凍できたら、キッチンペーパーで余分な水分をふき取って調理してください。

実際に焼いて食べてみた

Photo by akiharahetta

実際に焼いてみることにしましょう。炭火で焼くのがベストですが、家庭ではなかなか簡単にはできないので、フライパンやホットプレートで充分だと思います。中~強火で焼くのがおすすめですよ。両面焼いたら、お好みでタレや塩をふって味付けしてくださいね。

どんな味わい?

Photo by akiharahetta

あっさりしていて、くどくない焼き鳥ができあがりました。火の通りもいいですし、タレの絡み具合もいい感じです。ほどよいサイズで何本でも食べられそう。

想像した通り、串の持ち手部分が長く、調理しやすかったですよ。簡単だし、失敗なく作れると思います。おうち焼き鳥初心者さんにもおすすめ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ