じゃがいもの甘みを引き立てるさっぱり感

Photo by china0515

一見濃厚そうに見えますが、食べてみるとさっぱりとした味わいで後味もあっさり。ほのかな酸味がじゃがいもの甘みを引き立たせ、全体的な味のバランスがとてもいいです。

3. じっくり煮込んだホロホロ牛すじ

Photo by china0515

790円(税込)※TALLサイズ
まさか牛すじのトッピングがあるとは……!予想外でしたが、ベルギー西部のフランダース地方では、よくフリッツとビーフシチューを一緒に食べるのだそう。

それを日本風にアレンジして生み出したということで、決して奇をてらったわけではありません。ベルギーフリッツを愛する山下さんならではのアイデアですね。

想像以上の相性にファン続出!?

Photo by china0515

背景を伺いながらも「ぶつかり合ってしまうのでは?」と内心不安に思っていたのですが、ひと口食べたらその疑念が払拭されました。

むしろ、その絶妙なバランスに一瞬でファンに。甘辛い味付けの牛すじはやわらかく、じゃがいものクリーミーさとよく合います!牛すじが惜しみなく入っているので、最後の1本までフリッツと一緒に楽しめますよ。

4. ラクレットチーズ

Photo by china0515

790円(税込)※TALLサイズ
ラクレットチーズは、目の前で揚げたてのフリッツにかけてくれます。とろとろと滝のように流れるチーズの姿は、シズル感たっぷり。女性からの人気も高そうですね。

間違いない、王道の組み合わせ

Photo by china0515

チーズ×ポテトで間違いない王道な組み合わせですが、とろ~っととろけるチーズはやはり食べたくなってしまうところ!塩味の強いラクレットチーズだからこそ、じゃがいもの甘みをしっかりと楽しめます。チーズの焦げの香ばしい香りもアクセントになっています。これはビールとの相性も抜群ですね。

フリッツの相棒。ベルギービールも提供

Photo by china0515

フリッツと一緒に味わいたいのが、なんといってもベルギービール!「Frites Bruges」では、数種類のベルギービールが取りそろえられています。ベルギー・ブルージュの修道院で作られている歴史あるビールを楽しめますよ。

ベルギービールは香りを楽しむために、ワインのようにグラスで楽しむのが本場スタイル。カリッと揚がったフリッツをつまみに飲む、冷たいビール……。想像するだけでたまりません。

Photo by china0515

店内はカウンターのほかに、スタンディングの席も2席あります。一部レンガ張りの壁が、現地の雰囲気を感じさせてくれますよ。写真も撮りやすいのが、うれしいポイント。
Photos:22枚
浅草のFrites Bruges(フリッツ・ブルージュ)の看板
浅草のFrites Bruges(フリッツ・ブルージュ)の外観
浅草のFrites Bruges(フリッツ・ブルージュ)の店長
浅草のFrites Bruges(フリッツ・ブルージュ)で使っているじゃがいも
浅草のFrites Bruges(フリッツ・ブルージュ)のカットされたじゃがいもを持っているところ
ポテトのカッター
浅草のFrites Bruges(フリッツ・ブルージュ)のじゃがいもをカットしている途中
浅草のFrites Bruges(フリッツ・ブルージュ)のポテトを揚げているところ
浅草のFrites Bruges(フリッツ・ブルージュ)の揚がったポテト
浅草のFrites Bruges(フリッツ・ブルージュ)のポテトをふるっているところ
浅草のFrites Bruges(フリッツ・ブルージュ)のメニュー看板
浅草のFrites Bruges(フリッツ・ブルージュ)のベルギーマヨ(アンダールソース)
浅草のFrites Bruges(フリッツ・ブルージュ)のベルギーマヨ(アンダールソース)のアップ
浅草のFrites Bruges(フリッツ・ブルージュ)のサワークリーム&オニオン
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ